Go!いせさき 華蔵寺公園(桜風景・ソメイヨシノ以外) [ 公園一覧桜名所一覧 ]  [ Home ]




普段の華蔵寺公園水生植物園と山の斜面の広場運動公園遊園地のクリスマスイルミネーション
昼の桜風景夜桜みナイトゴールデンウィーク(グリーンフェスタ花まつり・郷土芸能発表会

華蔵寺公園サクラ風景(ソメイヨシノ以外)

2017|201520142013

ソメイヨシノはこちら(別ページ)

八重桜 2017

掲載日:2017/4/19 画像下の日付は撮影日
 群馬県伊勢崎市の華蔵寺(けぞうじ)公園。3月下旬〜4月上旬には約1,000本のソメイヨシノが咲き、4月中旬〜5月中旬には約5,000本のツツジが咲き、市内外から大勢の花見客が訪れます。
 ソメイヨシノが散るころ、花見客は減り、ツツジの出番が訪れるまで園内は少し落ち着きます。そんな時期に園内では人知れず八重桜が咲きます。
 大きな花弁の濃いピンク色の八重桜は遠目にもその存在を主張し、真っ白で小ぶりな枝垂桜は、優しく気品を漂わせ、黄緑色の御衣黄(ぎょいこう)は葉っぱの緑と同化し、その存在を隠します。
 八重桜が咲くのは園内各所。遊園地の南側、華蔵寺沼の南東、華蔵寺山の頂や斜面、管理棟の南など。

 ソメイヨシノとツツジの狭間で訪れる人が少ない静かな園内で、八重桜探しの散策をするのも楽しいことです。(2017/4/19 記)

華蔵寺公園の八重桜 2017/4/18 (3分51秒)

大輪の濃いピンクの八重桜(遊園地南や園内各所) 2017/4/18


白い枝垂桜(華蔵寺山南面の大鳥居の広場) 2017/4/18


御衣黄(ぎょいこう)(公園管理等の南) 2017/4/18

掲載日:2015/3/23 ▲ページTopへ
 2015年のさくら前線は3月21日、鹿児島からスタートしました。今年の予想は、関東から西では昨年と同時期の開花とのこと。
 ・・・とその前に、桜と言えばソメイヨシノばかりではありません。いせさき市民のもり公園河津桜はすっかり有名になりましたが、同聚院(どうじゅいん)のヒカンザクラ(緋寒桜)なども気になる桜です。昨日、その同聚院のヒカンザクラ見物に出かける途中、華蔵寺公園に寄ってみると、何と、華蔵寺公園にもヒカンザクラが咲いていました。場所は野外ステージの北側、ログハウスのトイレの南です。東隣には4月中旬、八重桜・御衣黄(ぎょいこう)が咲きます。本数は一本ですが、その分、ひと際目立って咲いていました。(2015/3/23 記)

ヒカンザクラ(緋寒桜)(別名・カンヒザクラ(寒緋桜))


野外ステージの北側、ログハウスのトイレの南で咲くヒカンザクラ(緋寒桜) 2015/3/23

2015/3/23

2015/3/23

ヒカンザクラは色が濃くて、花弁に特徴があり、釣り鐘状の形です。 2015/3/23

サクラ便り 2014

掲載日:2014/4/1 ▲ページTopへ

水性植物園の北西隅で咲くピンクの桜


いつの頃からか、水性植物園北西隅に植えられたピンクの桜2本。
ソメイヨシノよりも1週間ほど早めに咲いていました。 2014/3/31

2014/3/31

2014/3/31


サクラ風景 2013

掲載日:2013/4/17 画像下の日付は撮影日 ▲ページTopへ

ソメイヨシノは散りましたが・・・代わって八重桜が見ごろです

 今年の華蔵寺公園のソメイヨシノは3月30日頃から4月5日頃までの1週間が見ごろでした。あいにく土日の天気は小雨や花曇りだったりで、土日に晴天の下でゴザを敷いて花見を期待していた人たちには、ちょっと残念な年でした。
 私は、自宅が徒歩数分の距離なので、ちょうど見ごろの日にちょっと出かけ、今年は4月4日に一回りして撮影して来たのですが、実は、華蔵寺公園のサクラはソメイヨシノだけじゃないんです。ソメイヨシノがすっかり葉桜になった今も、園内のあちらこちらに八重桜があって、今ちょうど見ごろを迎えています。
 八重桜は、葉っぱが出る前に開花するソメイヨシノと異なり、開花時に既に葉も広がっているので、重たく感じる分、その分、見ごろも長期間のように思います。

 今回紹介するのは6ヶ所の八重桜。真っ先に紹介したいのが、野外ステージの北側で咲く御衣黄(ぎょいこう)。花の色が淡緑色なので、ちょっと離れただけでも葉っぱのように見え、見る気で見ないと素通りをしてしまいます。この桜を紹介してくれたのは、いつものように市の公園緑地課のKさん。以前教えてもらっていたのですが、すっかり記憶から消えていて、先日、「そろそろ見ごろですよ」と連絡いただき、早速に撮りにいった次第です。
 この桜、見れば見るほど深いです。花弁数は10数枚あり、その花弁の重なりで淡い黄緑から深い緑まで、複雑に陰影を作り、それでいて全体に透明感があって、青空を背景に咲く姿には気品を感じます。サクラはバラ目・バラ科とのことですが、正にバラのようです。(2013/4/17 記)

(1)野外ステージの北側の八重桜・御衣黄(ぎょいこう)


気品あふれる御衣黄 2013/4/13

まだ蕾もたくさん残っています。 2013/4/13

遠目には花と葉っぱの区別が付きません 2013/4/13


野外ステージの北側、ログハウストイレの南側で
咲いています 2013/4/13

▲ページTopへ

(2)野外ステージの東の八重桜

 次に紹介する八重桜は、野外ステージの東側、華蔵寺山の裾野に立っています。花まつりのこの時期、露店商のテントの裏にありますが、背丈が高いので遠くからでもすぐに分かります。真下に立って見上げれば、薄ピンクの花が空を覆うように咲いています。葉っぱを見ると、なぜかサクラ餅を想像します。(2013/4/17 記)

空を覆うように咲く薄ピンク色の八重桜 2013/4/13

▲ページTopへ

(3)遊園地と沼の間の道路脇・八重桜

 この八重桜はピンク色が少し濃いようです。野外ステージ東側の八重桜と同じ種類のようですが、色が濃いのは日当りがいいせいかもしれません。場所は公園の真ん中を通る道路の傍です。(2013/4/17 記)
隣のツツジももう咲いています。日当りの良さでしょうか?
後方は華蔵寺沼に立つジェットコースター。 2013/4/13

まだまだ蕾が残っています。食べても美味しそう(^^;)。 2013/4/13

▲ページTopへ

(4)華蔵寺公園南入口近くの白い八重桜

 この八重桜は白であり、白でない、何とも言いようのない上品な白です。場所は南入口近くです。すぐ脇にトイレがあるのがちょっと残念ですが、ま、その辺は気にしないと言うことで。上品で清楚、そんな感じの八重桜です。(2013/4/17 記)

上品で清楚な白い八重桜 2013/4/13

真っ白な八重桜。曇り空でなくて良かった(^^)。
2013/4/13

2013/4/13

▲ページTopへ

(5)華蔵寺公園南入口近くのピンクの八重桜

 この八重桜、(2)番と(3)番と似ていますが、花弁と葉っぱの色が微妙に異なっているように見えます。特に葉っぱの色は黄金色のようです。(2013/4/17 記)

白の八重桜と並んで咲くピンクの八重桜 2013/4/13

黄金色した葉っぱ 2013/4/13

▲ページTopへ

(6)華蔵寺沼のほとりの八重桜

 この八重桜は華蔵寺沼護岸の南東部で咲いていて、横断歩道脇でもあるので、多くの人に気付いてもらっているように思います。写真に撮る前は濃いピンクと思っていましたが、ピンクと言うより、白に近い色でした。(2013/4/17 記)

空の青さに映える限りなく薄い茶色の八重桜 2013/4/13

沼の南東部で咲く2本の八重桜 2013/4/13

松と並んで満開の八重桜 2013/4/13



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ