街中の花と緑・サツマイモの花 [ 街中の花と緑公園一覧 ]  [ Home ]




サツマイモの

掲載日:2017/9/4 ▲ページTopへ
 伊勢崎市柴町の吉田勝江さんのお宅でサツマイモの花が咲いています。
 吉田勝江さんは、昨年一年間にわたり行われた「いせさき併用絣を紡ぐプロジェクト」において整織(織り)工程に携わり、その後もいくつかの依頼を受けて、いせさき明治館で織りを行っています。
 先日8月30日、いせさき明治館の企画展「晩夏を楽しむ 単衣めいせん展」の観覧に出かけた際、吉田さんから花の話を伺い、明治館の帰りに早速に立ち寄ってみることに。場所は吉田さんのご自宅に隣接する家庭菜園。時間は午後2時。 花はサツマイモ畑の2ヶ所で咲いていて、午後だったため既に萎み始めていましたが、蕾がいくつも残っているのを確認し、出直すことに。
 再訪したのは9月1日、午前10時。前々日と同じ茎から可愛らしい花が咲いていて、今回はレンズに収めることができました。花はアサガオに似て、全体の色が白く、中心部が薄紫。アサガオよりやや小ぶりです。
 吉田さんご夫妻に話を伺うと、お二人とも子供の頃に見た記憶があり、以来約70年ぶりとのこと。Wikipedia等のウェブサイトによれば、沖縄や九州南部の温暖な地方では普通に咲くサツマイモの花も、本州以北では滅多に咲かないとのこと。私も生まれて始めて見たサツマイモの花。今回が最初で最後になるかも知れません。(2017/9/4 記)

サツマイモの開花について

■Wikipediaから引用
 サツマイモ:ナス目、ヒルガオ科、サツマイモ属、サツマイモ
 花はピンク色でアサガオに似るが、鈍感な短日性であるため本州などの温帯地域では開花しにくく、品種や栽培条件によってまれに開花する程度である。

■奈良県農業総合センターから引用
 サツマイモは中央アメリカ原産で、アサガオに似た花を咲かせます。日本でも九州南部や沖縄の温暖な気候で普通に花を咲かせるそうですが、本州以北での開花は、やはり珍しいです。
 サツマイモの開花には、短日(日長時間が短くなること)によって開花誘導物質ができることが条件ですが、本州では充分な量ができる頃には秋の気温低下となり、開花までには至りません。ただ開花には、日長条件のほかに、植え付け時期や施肥量などの栽培条件、気温や降雨、日照などの気象条件、そして病害虫被害なども影響しており、特に高温乾燥気味の年には開花しやすくなるようです。

サツマイモの花(伊勢崎市柴町)。蕾を付けた茎もあります。 2017/9/1 10:03


サツマイモの花と蜜を吸う蜂 2017/9/1 10:04




掲載日:2017/9/4 ▲ページTopへ

畑の中の2ヶ所で咲くサツマイモの花 2017/9/1 10:16

サツマイモ畑。↓は開花位置。 2017/9/1

2017/9/1 10:16

サツマイモの花と蜜を吸う蜂 2017/9/1 10:03



午後になって萎んだサツマイモの花 2017/8/30 14:00

アサガオによく似たサツマイモの花 2017/9/1 10:04




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ