Go!伊勢崎 9台のスバル360・生誕地伊勢崎を走る [ 伊勢崎のイベント ]  [ Home ]




9台のスバル360・生誕地伊勢崎を走る

いせさきまつり・2017のオープニングパレードに参加

パレードを待つ9台のスバル360パレードで走行
いせさきまつり20172016年のいせさきまつりに初参加
掲載日:2017/8/9
 伊勢崎市の夏の風物詩いせさきまつり。イベントの先陣を切るのはオープニングパレード。今年は30団体、800余名が参加し、行進しました。中でも注目されたのが9台のスバル360。昨年に続き2度目の参加です。群馬県内を始め、遠く愛知県や神奈川県、千葉県、栃木県から駆けつけてくれました。
 伊勢崎市はスバル360の生誕地。1958(昭和33)年、かつての富士重工伊勢崎製作所第二工場(現・伊勢崎ショッピングモール)で誕生しました。1958年から1970年までの12年間販売され、初代車から約60年が経過しながらも、卵型の可愛らしく愛嬌たっぷりのボディは多くの人に愛され続け、今なお現役で走り続けています。

9台のスバル360・ふるさと伊勢崎を走る。いせさきまつり2017・オープニングパレードに参加(3分39秒 )

スバル360伊勢崎を走る


パレードを待つ9台のスバル360

▲ページTopへ

スバル360勢揃い(いせさき明治館通りで退避中)
 9台のスバル360。栃木県から参加のオーナーさんに、それぞれの年式や特徴など、面白い話を聞かせていただきました。外観を見ると全て同じように見えるスバル360ですが、ボンネットやリアハッチの通気口の有無・形状、バックミラーの形状、給油口の位置や形状、テールランプの形状、エンジン性能などが年式により微妙に異なり、今回参加いただいた9台を見ても、その差を見て取れ、詳しく知れば知るほど、更に関心が湧きます。

千葉県から参加


給油口が露出型でリアハッチの通気口が横方向。テールランプが楕円形で水平。


栃木県から参加。車のナンバーが”360”。ドアミラーが台形。


ボンネットの通気口がありません。ドアミラーが丸い。




愛知県から参加。リアハッチの通気口が縦方向。テールランプが楕円形で縦方向。


給油口にカバーが付いています。テールランプの形状が角形。


勢揃いし、パレードを待つ9台のスバル360




パレードで走行

▲ページTopへ














Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ