ローズタウンショッピングモール  [ モール一覧 ]   [ Home ]




ローズタウン ショッピングモール

(群馬県前橋市江木町、富田町)
とりせんローズタウン店と隣接商業施設コメリパワー前橋ローズタウン店
更新日:2017/6/28 画像下の日付は撮影日
 平成28年度の全線開通に向けて工事が進む国道17号・上武道路。太田市や伊勢崎市、前橋市の郊外を通過し、元々沿道の既成市街地や商業施設は多くありません。また高規格道路のため、高盛土や高架橋区間が多く、周辺道路や鉄道との平面交差も少なめです。そんな理由のためか、群馬県内区間の沿道には商業集積地は少なく、「道の駅おおた」(太田市粕川町)を過ぎると、伊勢崎市のアピタスマーク周辺までありません。ここを過ぎ再び商業施設に出会うのがここ「ローズタウン ショッピングモール」(前橋市江木町、富田町)で、上武道路の最寄り交差点は「上武江木」です。
 国道50号や県道2号・前館線、国道17号・高前バイパス、県道27号・高駒線、国道18号・豊岡バイパスや安中バイパスなど、県内の主要幹線道路が平面交差が多く、沿道に連続的に商業施設が集積していることと比較すると、路線延長40.5km間で3ヶ所の上武道路は例外的です。車両の安全かつ高速走行を目的とした高規格道路の所以でしょう。その意味で、数的に貴重な上武道路沿いの商業施設である「ローズタウン ショッピングモール」。来年2017年夏にはコメリのパワーセンターがオープンすべく、今月から建設が始まろうとしています。道路の特性がどのような影響を与えるのか、そんな関心を持ちつつ、このモールの今後の経過を紹介してまいります。(2016/12/7 記)

※道の駅太田←9.5km→アピタ、スマーク←12.5km→ローズタウン。上武道路の路線延長=40.5km

ローズタウン ショッピングモール(局所地図)
A:クリーニング「ロイヤル」、美容室「Voice」、ドラッグストア「CREATE」 B:とりせんローズタウン店
C:ザ・ダイソー とりせんローズタウン店 D:コインランドリー「マミーウォッシュ」

E:元ファミリーブック前橋ローズタウン店の空き店舗

ローズタウン ショッピングモール(Google Map)

とりせんローズタウン店と隣接商業施設

▲ページTopへ

とりせんを中心としたローズタウンショッピングモール。後方に横たわるのは赤城山。 2016/12/6

とりせんローズタウン店 2016/12/6

クリーニング「ロイヤル」      美容室「Voice」      ドラッグストア「CREATE」 2016/12/6

ザ・ダイソー とりせんローズタウン店 2016/12/6

店舗並び 2016/12/6

コインランドリー「マミーウォッシュ」 2016/12/6

掲載日:2016/12/7 ▲ページTopへ
 ローズタウンショッピングモールの南端部に、元ファミリーブック前橋ローズタウン店の大きな空き店舗があります。ファミリーブックは2013年11月11日に株式会社ゲオホールディングスに買収され、その後いくつかの店舗がゲオ(GEO)に代わりましたが、当店舗はその転換はなかったようです。大きな店舗なので、モールの賑わい創出のためにも、新たな店舗が進出して欲しいものです。(2016/12/7 記)

元ファミリーブック前橋ローズタウン店の空き店舗 2016/12/6




コメリパワー前橋ローズタウン店

掲載日:2017/6/28 ▲ページTopへ

建設進むコメリパワーと周辺。2017.6.19(動画)


2017/6/19(2分0秒)

掲載日:2017/6/22 ▲ページTopへ
 2017年夏のオープンに向けて建設が進むコメリパワー前橋ローズタウン店。6月19日、前回から半年ぶりの現地レポートです。
 現場では鉄骨建方を終え、外壁工事や屋根工事、外構工事等が進行中の様子。建物東側には「資材館」が入るようで、その看板やコメリのインテリアオリジナルブランド「アテーナ」、同ペット部門の「ペットアミ」の看板が取り付けられています。ファサード (façade:建築物の正面部分)は施設を象徴すべく、高さだけでなく前にも突出し、細長い巨大施設に立体感を創り出しています。
 同社の公式サイトでは、オープニングスタッフの求人情報が掲載されています。(2017/6/22)

建設進むコメリパワー前橋ローズタウン店(南東側から)
2017/6/19

建設進むコメリパワー前橋ローズタウン店(南西側から)。左後方には赤城山。 2017/6/19


建設進むコメリパワー前橋ローズタウン店(南東側から) 2017/6/19

南面の壁にはアテーナとペットアミの看板 2017/6/19

東側側面に取り付けられたコメリの看板 2017/6/19

コメリパワー前橋ローズタウン店の敷地南東角地から見た225度パノラマ画像 2017/6/19
スクロールバーで移動してご覧ください

掲載日:2016/12/30 ▲ページTopへ
 2016年末のコメリパワー前橋ローズタウン店建設現場。前回訪問時と同様に強い空っ風が吹き、遮るものが何一つない約5万5千㎡の敷地を吹き抜けて来る風は冷たく、敷地もより広く感じます。現地では敷地周囲にネットが張られ、大きな工事看板が建ちました。本格着工は来年からのようです。(2016/12/30)

南東角地に建った工事看板 2016/12/30

南西角地から眺める敷地全貌 2016/12/30

掲載日:2016/12/30 ▲ページTopへ

コメリの東側では大規模住宅団地造成中

 建設工事が始まったコメリパワーの東側でも工事が進んでいます。現地標識を確認すると、
■事業者 群馬セキスイハイム株式会社
■地番 前橋市富田町1688番9
■施工者 関東建設工業株式会社
■工事施工面積 53,563.35㎡
■工事期間 平成28年8月1日~平成29年2月28日

工事会社はコメリパワーと同じ関東建設工業さん 2016/12/30

掲載日:2016/12/7 ▲ページTopへ

工事概要

 先日、当サイトの「ショッピングモールを語ろう」の掲示板(→こちら)に、”通りすがり”さんから、「上武道路沿いにある富田町のローズタウンでコメリの大型ホームセンターができるようだ」との投稿を寄せていただきました。
 このショッピングモールは、上武道路を走るたびに気にかけていながら改めて寄ったことがなく、ずっと気にかけていたモールだったため、これを機会に昨日出かけて来ました。
 建設地は「とりせん」の北側隣接地。現地に立つ「建築計画のお知らせ」は下記の通り(標識設置日:平成28年10月3日)。建物名称は「コメリパワー前橋ローズタウン店」。標識の記載によると、延床面積:15,442.52㎡。一方、群馬県庁公式サイトの大規模小売店舗立地法のページにも公告されていて(平成28年6月22日)、それによると、店舗面積:18,330㎡。その面積が具体的にどの程度の広さなのか、参考にカインズホーム前橋みなみモール店を調べると、売場面積:11,341㎡です。
 延床面積と店舗面積、売場面積・・・と、3つの面積表現が現れ、ウェブで調べると
「床面積」:建築物の各階又はその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積による。 (建築基準法施行令第2条第1項第3号)。
「店舗面積」:通商産業省産業政策局通達54産局362号により、次のように統一的に解釈することとしている。
<略>
とあり、簡単そうでややこしく、その差異を把握できませんが、とにかく大規模店舗であることは間違いないようです。
 伊勢崎周辺の大型ホームセンターと言えば、カインズホームやセキチュー、ジョイフルイホンダですが、新たにコメリが加わることになります。オープンは来年(2017年)8月頃とのこと。(2016/12/7 記)

現地に立つ建築計画

■建築物の名称:コメリパワー前橋ローズタウン店
■敷地の地番:群馬県前橋市富田町1773-8外
■主要用途:物品販売を営む店舗
■敷地面積:54,633.51m2
■規模:地上1階 高さ=15.30m
■延床面積:15,442.52m2
■着工予定:2016年12月頃
■完了予定:2017年 8月頃
■建築主:株式会社コメリ(本社:新潟県新潟市)
■標識設置日:平成28年(2016年)10月3日

建築計画のお知らせ 2016/12/6

コメリパワー前橋ローズタウン店の建設地(敷地南東角地から北西方) 2016/12/6
(参考)群馬県庁公式サイトの大規模小売店舗立地法のページの公告内容
■名称:コメリパワー前橋店   ■所在地:前橋市富田町1773-8外
■新設日 平成29年2月22日  ■店舗面積 18,330平方メートル  ■駐車場収容台数 585台
■営業時間 7時00分~21時00分  ■公告日:平成28年6月22日
 西側を走る上武道路平成28年度の全線開通に向けて工事が進んでいて、最寄り交差点は「上武江木」です。モールへはこの交差点を北側へ出てすぐのT字交差点を右折します。ヘアピン状の交差点なので、右折に注意です。

上武道路の「上武江木」交差点



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ