駅周辺開発(伊勢崎駅南側・一番街通り整備)[ 駅周辺開発・Index ] [ Home ]




伊勢崎駅南側の道路整備

壱番街通り

駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の南側駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の北側
更新日:2017/8/13 掲示板→[ 駅周辺開発を語ろう ]
【別ページ】
駅南・東西通り((都)3・4・44号線))駅東・南北通り((都)3・5・47号線))その他の駅南の道路
伊勢崎駅南口(街区整備ロータリーや広場)|県道桐生伊勢崎線坂東大橋・石山線(六間道路)
伊勢崎駅周辺で進む工事(ベイシア伊勢崎駅前店新築工事美原診療所・建設工事県道桐生伊勢崎線改築事業
東武伊勢崎線高架下側道工事

平成29年度工事計画


※上図は伊勢崎市ホームページ掲載の「中心市街地整備事務所からのお知ら(平成29年6月)」からの抜粋です

平成27年度工事計画


伊勢崎駅周辺第一地区・今後の工事予定箇所(伊勢崎市HPより)




壱番街通り整備

駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の南側

掲載日:2017/8/13 ▲ページTopへ

2017/8/5

 伊勢崎市ホームページ掲載の「中心市街地整備事務所からのお知らせ(平成29年6月)」によれば、平成29年度に予定されている伊勢崎駅南側の工事のうち、主要道路は一番街通り(旧・駅前通り)と(都)3・5・47号線(駅東・南北通り)。
 壱番街通りは新設区間と旧道をすり付けるため逆S字状の曲線区間がありますが、8月5日現在、この曲線区間の東側側溝の布設を一部完了しています。
 曲線区間にあった古民家は、現在、東方へ第一段階の曳家移転を完了し、第二段階の曳家移転の待機中です。元の区画は一番街通りと住宅地とに分割され、住宅地には住宅建設が完了しつつあります。
 なお、パティオ建設は前年度工事予定でしたが、これらの工事の関連で、今年度に継続しているようです。(2017/8/13 記)

Google 航空写真に見る現場。ブルーシートがかけられた建物(古民家)は、現在、東方に曳家移転されています。

一番街通り(H29工事予定分)

東側の側溝布設を完了した一番街通り。後方の建物は中田カメラ店。(撮影位置:上の画像の@) 2017/8/5

東側の側溝布設を完了した一番街通り(撮影位置:上の画像の@) 2017/8/5

一番街通りの東側の街区(撮影位置:上の画像のA) 2017/8/5
右後方のブルーシートがかかった建物は、第一段階の曳家移転を完了した古民家。この付近にパティオが計画。

掲載日:2015/9/16 ▲ページTopへ

2015/9/14

 駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の南側で進んでいた壱番街通りの改良・拡幅工事。9月14日には交差点南側のカーブ位置を暫定的に南へずらし、開通しました。完成形位置とは異なるようですが、この処理で交差点南側の右折線距離が延伸されました。改良前は右折車両が一台程度しか待機できず、直進車線を塞いでしまう光景も見られましたが、今回の改良で改善されました。(2015/9/16 記)

今回の道路改良前(上図左)と後(上図右)
現地状況による 概略図です。

「伊勢崎駅南」交差点(交差点北東角から南方)2015/9/14

新しい壱番街通り(北側から南方) 2015/9/14

新しい壱番街通り(南側から北方) 2015/9/14

新旧の壱番街通り(北側から南方) 2015/9/14

新旧の壱番街通り(南側から北方) 2015/9/14

工事看板 2015/7/12

工事位置図(上図印)。伊勢崎市HPから一部引用

掲載日:2015/9/5 ▲ページTopへ

2015/8/31

 平成27年度事業が進む伊勢崎駅周辺の道路整備。駅南側では2つの南北道路の線形改良と拡幅工事が進んでいます。一つは駅東・南北通り(都・3・5・47号線)、もう一つがこちら一番街通りです。共に駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の南側区間です。
 両者の現況は、現道と交差点をすり付けるためにきつい曲率のJ字型線形になっていますが、今回の工事でこれを改良し、かつ歩道付き道路に拡幅するようです。
 8月31日時点で、路盤工と側溝および横断暗渠布設を完了した様子です。(2015/9/5 記)

区道25号線から。中央は区道の横断暗渠。
現地盤と計画高の高低差が分かります。 2015/8/31

区間北東端部から南方 2015/8/31

区間北西端部から南方 2015/8/31
掲載日:2015/7/15 ▲ページTopへ

2015/7/12

 2015年7月、伊勢崎駅前の壱番街通りで、今年度事業としての道路築造工事が進んでいます。場所は「伊勢崎駅南」交差点の南方約50mの位置から南側へ43.5mの区間、移転前の三光堂書店や美原診療所があった場所です(下図参照)。現状は「伊勢崎駅南」交差点から旧駅前通りとをきついS字状曲線ですり付けてありますが、完成後には緩い曲線に改良されます。工期は今年の10月30日。3ヶ月半後です。壱番街通りは、南口広場に接する区間でも前年度繰越工事が進行中です。(2015/7/15 記)
 【工事概要】
■事業者:伊勢崎市市街地整備課 ■工事会社:村田建設株式会社さん
■工事延長:L=43.5m、■工期:2015年10月30日

工事が進む壱番街通り(北側から南方) 2015/7/12


工事が進む壱番街通り(南側から北方) 2015/7/12

左側:新築移転後の美原診療所、右端:アイタワー花の森

工事が進む壱番街通り(北側から南方) 2015/7/12

工事が進む壱番街通り(南側から北方) 2015/7/12
後方中央:東武伊勢崎線高架橋


壱番街通り整備

駅南・東西通り(都・3・4・44号線)の北側

2015年8月15日の一番街通り(駅前広場の東側区間)の様子を
「→伊勢崎駅南口開発(動画で紹介)」で紹介。

掲載日:2015/5/23 ▲ページTopへ

2015/5/22

 2015年3月、美原診療所イシアスーパーマーケット伊勢崎駅前店のオープンと合わせて工事が一段落した伊勢崎駅南口整備。その後も、通路の雨よけ屋根工事やロータリー工事が進んでいますが、駅前広場東側に接する南北道路(一番街通り)でも工事が進んでいます。
 一番街通りの現場レポートは1年2ヶ月ぶりとなりました。 5月22日時点で、路盤工が進み、地面が深く掘削されています。(2015/5/23 記)
 【工事概要】
■事業者:伊勢崎市市街地整備部
■工事会社:株式会社 神倉さん
■工事延長:L=58.6m
■工期:2015年7月31日

左:伊勢崎駅南口の東側ロータリー。右:工事が進む一番街通り。2015/5/22

屋根工事などが進む伊勢崎駅南口 2015/5/22

路盤工が進む一番街通り 2015/5/22

掲載日:2014/3/10▲ページTopへ

2013/4/28


現伊勢崎駅前通りと新設道路とのすり付け部
左:新築移転後の三光堂、右:新築移転後の親玉商店
2013/4/28

現伊勢崎駅前通りと新設道路とのすり付け部(南側から)
右:移転前の小山電機 2013/4/28

2014/3/10


左:鹿島・東武建設JV事務所、後方:伊勢崎高架駅
右の道路:工事が進む一番街通り2014/3/7

工事が進む一番街通り(南側から) 2014/3/7
 長い間、伊勢崎駅南口で鉄道利用者の便を図っていた駅南駐車場が本日限りで閉場になります。伊勢崎市土地開発公社(*)が運営していたこの施設、同公社が今月末3月31日に解散することに伴っての処理とのことです。
 閉場後は駐車場内の工作物を撤去して整地し、隣接民有地と合わせて商業施設「ベイシア」の建設が始まる模様。ベイシアは既に昨年末に伊勢崎市と駅前開発の基本協定を締結していて、今年の12月にはオープンが予定されています。駅前がまた新たな開発ステージに入ったようです。

 ところで、駅南駐車場閉場後は、今までの利用者はどうするのでしょうか。駅北には既に私設駐車場や高架下駐車場が整備されているので、今後はそちらを利用することになるのでしょうか。
 その便宜を図ることになるか不明ですが、現在、高架橋下を南北に貫通する道路(区画道路3号線)とこれに接続する都市計画道路7・7・21号線、および一番街通りも今年度末完成を目指して工事が進んでいます。(2014/3/10 記)
(*)公共用地・公用地等の取得・管理・処分等を行うため、昭和48年6月11日に設立。バブル経済崩壊後の地価下落や低迷する経済などにより役割を終えたと判断し、解散を決定。3月5日付けで群馬県知事より解散認可が下りる。

2013/2/10


完成した駅南東の区道(一番街通り)
左側で建設中の建物は駅前交番 2013/2/10

2012/12/9


駅南・東西通りの南側から北方を見る 2012/12/9

路床工、下水道、上水道工事が進行中 2012/12/9




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ