華蔵寺公園・大雪や突風による樹木被害 [ 華蔵寺公園・Index公園一覧 ]   [ Home ]



華蔵寺公園・大雪や突風による樹木被害

突風で倒れた古木|平成26年の大雪で折れた園内の

突風で倒れた古木

平成28年7月14日による被害

掲載日:2016/7/16
 2016年7月14日、午後、全国的に天気が不安定だったこの日、群馬県伊勢崎市においても大雨が降り、突風が吹き荒れました。テレビの全国版ニュースも、伊勢崎市で物置が風に飛ばされるなどの被害があったと伝えていました。伊勢崎市では今月4日にも突風被害が発生し、同様に全国版ニュースで報道されました。

 翌15日、伊勢崎市の華蔵寺公園を訪れると、公園南入り口脇の巨木が折れて倒れていました。この巨木、以前から幹の一部が朽ちて欠損していて、その位置で折れたようです。胸高の円周を測ると3.80m、直径=1.2mです。
 公園内を通る道路近くですが、幸いにも園内側に倒れ、15日夕方には既に大きな枝は切断するなどの処置を終えていました。動画で撮影しました。(2016/7/16 記)


突風で倒れた華蔵寺公園の古木(1分1秒) 2016/7/15撮影




平成26年の大雪で折れた園内の

掲載日:2014/3/8 撮影は全て2014/3/5 ▲ページTopへ
 観測史上最高の積雪を記録した2月14日、15日の雪は、ここ華蔵寺公園にも大きな被害を与えました。園内の至る所で太い松が根元から、あるいは幹の途中からボキっと折れ、降雪後19日が経つ本日3月5日も、園内のそこかしこに折れて切り落とされた枝が横たわっています。また遊園地では遊具施設の維持補修工事が進行中で、これらのため、3月中旬まで休園とのことです。

 華蔵寺公園遊園地へ特急「とき」に会いに出かけた今月の5日、見るとはなしに気が付いた大雪による松の被害
 家が公園の近所なので、大雪後に沼と遊園地との間の道路は度々通っていて、走る車からも大枝が折れた松が目に入りましたが、徒歩で一回りしてみると、予想をはるかに超える量の松が折れていました。
 既に片付けてしまったのかも知れませんが、の木は被害が少なかったようで、大枝が折れた桜を見かけなかったことが救いでした。常緑樹で、冬でも葉っぱの密度高く枝を広げる松は、すっかり葉っぱを落として枯れ枝のようになった落葉樹の桜に比べて積雪面積が圧倒的に広いので、その分雪荷重が過大だったのでしょう。それと、松は木製の杭基礎として古い時代から現在にかけても実績がありますが(*1)、軸方向圧縮力には強いものの、雪荷重による片持ち梁状態での曲げモーメントには耐えることができなかったようです。
 ・・・なんて、力学の話になってしまいましたが、観測史上最高の積雪とのことなので、仕方ないことなのでしょう。華蔵寺公園は樹木の量が多いので、公園の空が明るくなったと思うことにしましょう。(2014/3/8 記)

(*1)【松杭の事例】
●京成押上線そば旧鉄橋の橋脚の杭基礎として使用。杭長=8m。
●旧丸ビル(1920年起工)。松杭支持の独立フーチング基礎。13.5m〜15mの松杭、5,443本。杭1本当りの支持力は20〜30トンとのこと。
●多摩川大橋。下部工は1942年、上部工は1949年完成。下部工は松杭基礎で現在も健全。
・・・などなど。

華蔵寺沼周囲

 沼の周囲は東側の道路側を除くと大きな松や桜、モミジ、ツツジが植えられています。小枝がまとまって凹んだツツジもありましたが、折れるには至らず、放置しておいてもいつか再生するように感じました。損傷が目立ったのは圧倒的に松で、真っ二つに折れた松やねじ切れた松などが、目立ちました。場所によってはまだ作業が進まず、園路を塞いでいる場所もあります。こう言う光景を見ると、降雪時には松の下には絶対に行かない方が良さそうです。

沼の北東角の松



沼の北東角の松も折れました

沼の南側に僅かに残る雪

沼の西土手で引っ掛かっている松

沼の西土手で折れて宙ぶらりの松

沼南西側の遊歩道に落ちた松

中之島の松


沼の南東の遊歩道を塞ぐ松

折れずに捻じれた松(沼の西土手)

沼の西土手に落ちた松

沼の南(横断歩道位置)の松


沼の南東側の折れた松


沼南西側から陸上競技場へ下りる階段


沼北東角に落ちた松

掲載日:2014/3/8 ▲ページTopへ

野外ステージ西側付近と水性植物園

 この一帯は太い松が根元から折れていましたが、既に折れた枝の裁断作業が進んでいて、何ヶ所かにまとめて積まれていました。

裁断され、藤棚の北側に集められた松


折れてツツジの上に倒れた松


根元から折れたようです


水性植物園東側の道路脇の松も
折れました

野外ステージの南側で折れた松。現地で裁断。


折れて管理棟の敷地に倒れ込んだ松

水性植物園の北側の隅に集められて、山積みされた枝

掲載日:2014/3/8 ▲ページTopへ

華蔵寺山の北側斜面付近

 華蔵寺山の北側斜面は芝生に覆われ、障害物がないので、積雪時にはソリで遊ぶ光景を見たことがあります。樹木は中央に大きなケヤキがありますが、ケヤキの損傷は確認できませんでした。代わりに、西側や頂上付近の松林では何本かの大きな松が折れたり倒れたりしていました。大枝のギザギザの切り口は痛々しく感じます。(2014/3/8 記)

ねじ切れたような切り口


落ち切らずにかろうじてくっ付いている枝

幼児用ローラー滑り台付近に倒れ込んだ松


華蔵寺山の北側斜面で折れた松。捻じれるように折れたようです。

長い方のローラー滑り台。この後方斜面に折れた松が横たわっています。

掲載日:2014/3/8 ▲ページTopへ

遊園地の南側

 遊園地の南側にも松や八重桜、ツツジなど、たくさんの樹木がありますが、目立つのは松の損傷です。まだ作業は進んでいないようで、仰向けになった大きな松が通路を塞いだりしています。(2014/3/8 記)

裁断されてまとめられた松


折れてトイレへの道を塞ぐ松


南側入り口付近にまとめられた松

公衆トイレの北側で折れて、仰向けになる松


遊園地の南側の塀の付近で折れた松



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ