赤堀城跡 [ 公園遺産遺跡と古墳 ] [ Home ]




赤堀城跡(あかぼりじょうあと)

(伊勢崎市赤堀今井町二丁目1405)
概要今も残る土居Googleに見る現地迅速測図で確認土居の東側に並ぶ石塔類
掲載日:2019/4/10
 群馬県伊勢崎市の赤堀地区には毒島城跡天幕城跡、そしてここ赤堀城跡の3つの城跡があります。毒島城跡と天幕城跡は小高い丘の上にあり、周囲からも目立ちますが、赤堀城跡は周囲と大きな高低差がない平地にあります。
 特徴は西の粕川と東の鏑木川に囲まれ、当時は城のすぐ南側で両河川が合流していたと思われること、この地理的条件が築城の理由の一つになったと思われます。
 概要は現地説明板に記載されていますが、本丸を囲郭式とした並郭城であったとのこと。廃城は天正18年(1590年)。今から429年前、徳川家康が江戸城に入城した年です。
 現在も本丸の北側と東側に土居が残され、北側の土居の北側には堀跡らしき窪地を確認できます。
 現在の赤堀の中心地は伊勢崎市役所・赤堀支所周辺ですが、昭和の中頃までを知る人に話を聞くと、その頃はこの周辺が中心だったよう。赤堀城跡北東側の「あかぼり・ほたるの里」(現在、ほたるの保護活動はしていません)は当時は病院があり、「ほたるの里」北側の南北通り沿いにはたくさんの商店も並んでいたよう。明治前期に作られた迅速測図を見ても、赤堀城跡周辺には家屋がたくさん並んでいます。

 郭内に人々が行き交っていた400年以上前、また明治時代には佐位郡(後に佐波郡)今井村の中心地として、更に昭和の中頃までは赤堀村(昭和61年に赤堀町へ移行)の賑やかな場所として栄えた当地。そんな時代に想いを馳せながら現地を訪ねると、当時の人々の声が聞こえて来るようです。
 赤堀城跡を訪れるには、南側の群馬県道・前橋西久保線から狭い道を入るか、東側の鏑木川側から入ります。周辺には駐車場がなく、入口付近の県道はカーブ中で見通しが悪く、路上駐車は危険。1,2台ならば、「あかぼり・ほたるの里」北側の東西道路脇に空きスペースがあります。ルートが多少ややこしいですが、伊勢崎市役所・赤堀支所の駐車場からは住宅地を抜けて約700mです。(2019/4/10 記)

▲ページTopへ

現地説明板


現地に立つ説明板(記載内容は下記) 2019/4/4

赤堀城跡

指定番号 赤堀史跡4号
指定日 平成16年8月10日
 赤堀城跡は別名今井城とも言われ、粕川とその支流の鏑木川との自然地形を利用した箇所に築かれ、東西約170m、南北約350mの範囲を占める。

 一辺約80mの本丸を中心とした部分には、土居、堀、戸口があり、他にも、二の丸、城域の外側には一小郭があったと考えられ、赤城山南麓に特徴的な本丸を囲郭式とした並郭城である。赤堀城は藤原秀郷の末裔とされる赤堀氏の居城で、赤堀下野守親綱の時に由良氏の幕下となり、その子影秀までは赤堀城に在城した。その後、後北条氏幕下の小菅氏が在城したが、天正18年後北条氏滅亡と共に赤堀城も廃城となった。

 赤堀城跡は赤堀氏の居城とされているが、赤堀氏の活動の記録は少なく、不明な点が多い。そのため、赤堀城跡は、当時の赤堀氏の動向を知る重要な文化財である。

 なお、指定については、県道前橋赤堀線(*)の北に位置する本丸を中心に定めたものである。(下図の通り)
伊勢崎市教育委員会
(*)現在の群馬県道76号前橋西久保線


案内板に図示された地図。赤線枠は指定範囲。

今も残る土居

▲ページTopへ

本丸の北側に残る土居(南側から) 2019/4/4

本丸があったとされる場所(現在は畑) 2019/4/4


土居を東側から 2019/4/4

土居北側の堀跡と思われる地形 2019/4/4

Googleに見る現地

▲ページTopへ

県道からの入り口(Google earth 撮影:2017年6月)

県道からの入り口(Google earth 撮影:2017年6月)

粕川側から見る赤堀城跡(Google earth 撮影:2017年5月)

航空写真に見る現況(Google earth. )

▲ページTopへ

迅速測図で確認する赤堀城跡の位置

 下図の地図は農研機構 (*1)が運営するウェブサイトの迅速測図(*2)を利用しました。

(*1)農研機構:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター 営農生産体系研究領域(旧 近畿中国四国農業研究センター 営農・環境研究領域) 。ウェブサイトは下記。
  総合案内→https://www.finds.jp/siteinfo/guide/index.html.ja
  関東平野迅速測図→http://www.finds.jp/altmap/rapid_kanto.html.ja
(*2)関東平野迅速測図:明治前期の地図。陸軍参謀本部作製 第一軍管地方ニ万分一迅速図原図を農業環境技術研究所がデジタル化したもの。


土居の東側に並ぶ石塔類

二十二夜塔や馬頭観音、道祖神
▲ページTopへ
土居の東側には7つの石塔類が並んでいます。赤堀城跡との関連は未確認です。

土居の東側に7つ並ぶ石塔類 2019/4/4

土居の東側に7つ並ぶ石塔類 2019/4/4

中央:二十二夜塔 2019/4/4

左:馬頭観音 右:道祖神 2019/4/4





Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ