オープンガーデン2019・(8)ナチュラルグリーンガーデン [オープンガーデン2019・Index街中の花と緑 ] [ Home ]




オープンガーデンいせさき2019 訪問記

掲載日:2019/5/22

(8)ナチュラルグリーンガーデン

公開日:5月11日、12日 訪問日:5月11日、 5月18日
 「オープンガーデンいせさき」の「茂呂の3軒」。当催しが始まった2013年以降、いつしか定着した「茂呂の〇軒」の呼称。
 年によっては「茂呂の2軒」や「茂呂の4軒」もあったなかで、当初から参加され、毎年中心的役割を担って来られた「ナチュラルグリーンガーデン」。今年の5月の基本公開日はバラの開花には早過ぎたので、3軒共に5月19日まで公開日を延長してくれました。
 「ナチュラルグリーンガーデン」の庭の中心には芝生が広がり、白いテーブルと椅子が置かれ、周囲で大きく育つモミジやエゴの木が木陰を創り出し、涼しくて爽やかな空気が流れます。「ナチュラルグリーンガーデン」を特徴づけるこの佇まいは当初から一貫しながらも、数年の間に少しずつ変わっています。
 最初の変化に気付いたのがバラ。当初から庭に彩を添えていたバラですが、数年前にはその数がたくさん増えて、ガーデン名を「ナチュラルグリーン&ローズガーデン」に変更したいよう。ただ、庭が広く、ガーデン名にあるように「グリーン」が主体なので、バラの華やかさや艶やかさも緑と調和し、溶け込んでいます。
 そして今年、新たな変化に気づいたのが木々の根元で咲く様々なヒューケラ(ツボサンゴ)とスモークツリーヒューケラは葉色のバリエーションが豊富なだけでなく、立派な大きさに育ち、花も今が盛りと咲いていました。スモークツリーは3本が銅葉。新緑の中で濃い紫色の葉っぱが変化を生んでいます。その内一つは葉っぱの縁取りが金色の「ロイヤルパープル」。その不思議さに魅了されます。
 数年の間に少しずつ雰囲気を変える「ナチュラルグリーンガーデン」ですが、ご夫婦で仲睦まじくガーデニングに勤しむ姿は今年も変わりませんでした。(2019/5/22 記)

真っ先に向かえてくれるフェンスで咲くバラ(ルーピング)

門周囲を彩る寄せ植え

門から続く通路脇を彩る寄せ植え

草木と陶製醤油樽

門から続く通路脇の草木。銅葉スモークツリーの彩り。

緑に囲まれるバラ

新緑銅葉スモークツリー、足元ではヒューケラ

▲ページTopへ

庭園内の通路

スモークツリー「ロイヤルパープル

木々の間から眺める芝生広場

ちょうど見ごろジギタリス

バラと緑、背丈を伸ばした銅葉のスモークツリー

木々の根元を埋める様々なヒューケラ(ツボサンゴ)


株立ちのモミジが涼しそう

緑に囲まれる芝生広場。紅茶はいかが?

敷地南側に建つ工房では株立ちのヒメシャラが涼しそう

「ナチュラルグリーン&ローズガーデン」

5月18日、気品あふれるバラたちが見ごろを迎えていました。
▲ページTopへ

(1)


(2)


(3)


(4)


(5)


(6)

黄緑のバラ「若葉」

白く複雑な襞がまさに「アンナプルナ」の岩壁





Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ