街中の花と緑・夏の花 [ 街中の花と緑公園一覧 ]  [ Home ]




伊勢崎市と周辺で咲くの花(1)

当ページ→ヒルガオコオニユリユウスゲノカンゾウヤブカンゾウドクゼリナンキンハゼ
別ページ→(モクゲンジ(木患子

水田のあぜ道で咲くヒルガオ

掲載日:2014/7/9 ▲ページTopへ
 夏になると河川堤防や水田の畦道、未舗装道路の路肩などで見かけるヒルガオ。アサガオならば観賞用として家庭の庭を飾るのに、ヒルガオはその繁殖力のせいなのかなかなかじっくりと愛でてもらうことはないようです。かく言う私もその例外ではなく、気付いていながらも、雑草を見るような視線でいつも素通りをしていました。この日は何を思ったか、波志江沼へ向かういつものサイクリングコースなのに、ちょっと見えたヒルガオを無視できず、ブレーキをかけていました。
 改めて撮ってみると、薄ピンクの可憐な花弁は可愛らしく、大きさも5,6cmはあり、見栄えもします。観賞用のアサガオと雑草扱いのヒルガオと、その運命の分かれ道は何なんでしょう。(2013/8/7 記)

水田の畦で咲くヒルガオ(伊勢崎市波志江町) 2013/8/3

水田の畦で咲くヒルガオ。後ろは北関東自動車道。
2013/8/3

水田のあぜ道で可愛らしく咲くヒルガオ。
葉っぱは朝顔よりも細長い形をしています。2013/8/3
【ヒルガオ】・・Wikipediaの記事の一部抜粋。
 ヒルガオ(昼顔、学名Calystegia japonica、シノニムCalystegia pubescens他)。ヒルガオ科の植物。アサガオ同様、朝開花するが昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。つる性の多年草で、地上部は毎年枯れる。春から蔓が伸び始め、夏にかけて道ばたなどに繁茂する。夏に薄いピンク色で直径5〜6cmの花を咲かせる。結実することはまれであるが、地下茎で増え、一度増えると駆除が難しいため、大半は雑草として扱われる。

宮川の堤防斜面で咲くコオニユリ

掲載日:2011/8/1 ▲ページTopへ

 東毛広域幹線道路(354バイパス)・玉村伊勢崎バイパスの(仮称)利根川新橋は、A1橋台とP1橋脚の間に宮川が流れています。2011年7月24日、完成したP4橋脚の写真を利根川左岸側から撮るためにP1橋脚側に出かけてみると、掘込河道(ほりごめかどう)となっている宮川の急こう配の斜面に、何やらオレンジ色の花が咲いていました。ヤブカンゾウかと思って近くへ寄ってみると、コオニユリです。近所の人が植えたのか野生なのか良く分かりませんが、緑に覆われた堤防の斜面に一際目立つコオニユリ、夏の暑さを忘れさせてくれるひと時でした。



 ところでこのコオニユリ、調べてみるとオニユリとの差は、オニユリの葉の付け根(葉腋)には、黒紫色の珠芽ムカゴ)が付き、コオニユリは葉腋に珠芽(ムカゴ)が付かないと言うのが簡単な識別方法のようです。この日の状態ではムカゴを確認できなかったのでコオニユリとしましたが、成長に伴ってムカゴができて来るのかも知れません。その節にはご容赦を。

 伊勢崎周辺の夏の郊外をブラリサイクリングしていると、河川の堤防や空き地でたまに見かけるオニユリやコオニユリ。民家の庭で手入れされて咲く風景もいいものですが、野に咲く風情は夏山登山中に高山植物を見つけた時の喜びに似た感情が湧きます。(2011/8/1 記)

深い堀の宮川の堤防で咲くコオニユリ 2011/7/24

宮川で咲くコオニユリ 2011/7/24
 コオニユリのすぐ下流ではヤブカンゾウがたくさん咲いていました。コオニユリもヤブカンゾウも共にユリ科。そしてヤブカンゾウは茎を茹でて酢味噌で食べ、オニユリは球根を茹でて食べると美味しい(らしい)。「食べられる」なんて紹介すると、せっかく野で咲いたこれらの花が乱獲されても可哀想なので、食べる話は忘れてください。(2011/8/1 記)

宮川の堤防の斜面に群れて咲くヤブカンゾウ 2011/7/24

ヤブカンゾウもコオニユリもユリの仲間 2011/7/24

ユウスゲ

▲ページTopへ
 今年の春、「のぐんままつり 2013 in 伊勢崎」の関連事業として開催されたオープンガーデン。その催しに協力いただいたヒロコドリームガーデン(境上矢島74-2)のヘメロカリスがちょうど見ごろと教えていただいたので、昨日、早速に出かけてみました。教えてくれたのは公園緑地課のKさん。

 オープンガーデンの時には葉っぱだけだったヘメロカリスたちが、数え切れない種類の様々な花を咲かせ、園を訪れたのが初めてのことも手伝って、圧倒されるばかりで、夢中でシャッターを押し続けて来ました。たっぷり撮らせていただいたので、紹介は後日に回すとして、ヘメロカリスと言えば、我が家でも先週辺りから咲き始めたユウスゲを紹介しない訳には行きません。
 実はユウスゲも学名はヘメロカリス(Hemerocallis citrina var. vespertina)。

庭の緑を背景に楚々と咲くユウスゲ 2013/7/2
 「我が家で咲いてる・・・」などと偉そうに言ってしまいましたが、実はこのユウスゲ、今年の春先にKさんにいただいたものです。Kさんが大切に育てたものを一株いただき、それが、早くも花を咲かせてくれた次第です。早朝に撮れば良かったのですが、夕方撮ったので少し花弁の勢いが衰えてしまいましたが、それでもレモン色の楚々とした花弁が、ジャングル状態の我が家の庭を気品ある姿に変えてくれました。まだ、一週間から10日間くらいは楽しませてくれそうです。
 ヤブカンゾウとノカンゾウ、それとユウスゲが咲く我が家の庭、何と素晴らしい!・・・なんてプチ自慢をしてしまいましたが、この内、ノカンゾウとユウスゲはKさんからいただいたもの。大切に育てなくっちゃ└(^o^)┐。(2013/7/3 記)

清楚な風情、ユウスゲ 2013/7/2

楚々と咲くユウスゲの足元でオオバギボシも真っ盛り
2013/7/2

ノカンゾウ

掲載日:2011/7/21 ▲ページTopへ
 この花はノカンゾウです。我が家の庭で咲いています。
 実は、このノカンゾウ、私の花と草木のお師匠さんである伊勢崎市の公園緑地課のKさんに、昨年の春にいただいたものです。Kさんが自宅の庭で丹精込めて育てたものを2株いただき、それぞれを大きな鉢に植え、昨年も全ての蕾が開花したのですが、今年もまた立派に咲き始めたので、ここに紹介した次第です。
 以前紹介したヤブカンゾウとの違いは、ノカンゾウは花弁が一重で、色がヤブカンゾウほど濃くなく、茎の背丈もヤブカンゾウよりもスラリと高い・・・と言ったところでしょうか。ただ、ヤブカンゾウにも一重があるようなので、見た目だけでは識別は難しそうです。特に蕾の時には尚更です。
 伊勢崎周辺の河川の土手などで咲くカンゾウはほとんどがヤブカンゾウで、ノカンゾウは絶滅に近い状況かも知れません。皆さんのご近所でカンゾウが咲いていましたら、ちょっと立ち止まって確認してみてはいかがでしょうか。(2011/7/21 記)

去年より少し株が増えたような・・・
2012/7/20


後ろでオオバギボシも真っ盛り 2011/7/16

2012年の我が家のノカンゾウ
そろそろ鉢から地に移植しなければ・・・
2012/7/20


緑濃い葉っぱが花をシッカリと引き立てます。 2011/7/16


ヤブカンゾウ

掲載日:2014/7/9 ▲ページTopへ

早川沿いで咲くヤブカンゾウ

 「ヒロコドリームガーデン」(伊勢崎市境上矢島)で1,500種類ものヘメロカリスが園内を華やかに飾る今頃、郊外の土手やあぜ道、河川堤防ではヤブカンゾウが咲いています。
 ヤブカンゾウは別名=ワスレグサ、学名=「Hemerocallis fulva var. kwanso」、分類=ユリ科(Liliaceae)ワスレグサ属(Hemerocallis)のヘメロカリスの仲間です。 Hemerocallis(ヘメロカリス)の語源は、ギリシャ語の「hemera(一日)+ callos(美)」。美しい花が一日でしぼむためとのこと。 ニッコウキスゲ、ユウスゲ、ノカンゾウなどもヘメロカリスです。
 マメ知識はさて置いて、先日の6日、早川サイクリングロードを走っていると、そこかしこで見かけたヤブカンゾウ。今年は、3ヶ所の群生地に気が付きました。毎年気にかけていながら、常に生まれる新発見、素直に喜ぶべきか、今まで気が付かなかったことを悲しむべきか、はてさて。今回の3ヶ所はいずれも境上渕名の早川沿い。東小保方町との境界付近です。生い茂った葉っぱに混じっていますが、それもまた野趣と思えば楽しいこと。小さなヤブカンゾウ園の風情でした。(2014/7/9 記)

アップで撮ってみました 2014/7/6


早川沿いの空き地脇で咲くヤブカンゾウ(伊勢崎市東小保方町と境上渕名の境界付近) 2014/7/6


早川の堤防で咲くヤブカンゾウ(伊勢崎市境上渕名) 2014/7/6

掲載日:2013/7/31 ▲ページTopへ

前橋市二之宮町や下増田町周辺で咲くヤブカンゾウ

 今まで紹介して来たヤブカンゾウは、河川堤防や畦道などで咲いていて、車が往来する道路脇で咲く姿をあまり紹介できずにいましたが、先日、前橋市二之宮町の2車線道路を走っていると、道路脇の路肩で群生して咲くヤブカンゾウを発見。
 前橋市の下増田町や二之宮町、飯土井町、新井町は伊勢崎市北西部の波志江町に接していて、今もなお田畑が多く残る地域です。上武道路と北関東自動車道の立派な幹線道路が通り、田畑も碁盤目状に耕地整理されていますが、集落の中を通る狭く曲った路や家屋敷には昔ながらの農村風情が残り、ぶらりサイクリングの足を伸ばして楽しんでいますが、今回のヤブカンゾウは集落内の道端ではなく、地域内を真っ直ぐに通る2車線道路の脇。
 たまに通過する車もビュ〜ン!と走り去ってしまうので、これだけまとまって咲いていても、なかなか愛でてもらえそうにありません。どうやら満開時期は過ぎたようで、咲き終えてしなびた花弁がたくさんくっ付いた茎が目立ちましたが、それがまた「来年はもっと早めに来いよ!」と言っているようで、楽しい発見でした。ここに記録として掲載しておけば、来年は満開時期に訪れることができるでしょう。・・・か?(2013/7/31 記)

2車線の真っ直ぐな道路脇で咲くヤブカンゾウ
峠は越したようで、咲き終えた花弁が目立ちます。2013/7/28

前橋市の下増田町や二之宮町、飯土井町、新井町

桑と雑草と一緒に育つヤブカンゾウ。後ろに広がる水田。
2013/7/28
 ところで、これだけまとまって咲くヤブカンゾウ。耕地整理された水田脇で、しかも直線道路の路肩沿いなので、自然に生える訳もなく、きっとどなたがあちらこちらで咲いていたのを捨て置けずに移植されたのでしょう。それがいつ頃のことか予想できませんが、自然繁殖で更に増えて、この通り脇を埋めるように咲けば、ちょっとした名所になるように思います。気の長い話と思うでしょうが、そんなことを思いながら5年、10年を過ごすこともまた楽しいことです。(2013/7/31 記)

掲載日:2013/7/9 ▲ページTopへ

利根川・五料橋上流右岸の土手で咲くヤブカンゾウ

 今年もまた郊外の水田の畦や河川の堤防でヤブカンゾウを見かける季節がやって来ました。今回紹介するのは利根川に架かる五料橋(ごりょうばし)上流の右岸堤防。五料橋を伊勢崎市側から玉村町側へ渡り、利根川自転車道に入って数百メートルの土手の斜面でお花畑のように咲いていました。ここ数年、郊外でヤブカンゾウに出会う度に立ち止まっては眺めていますが、これだけ群生して咲く姿はあまり見かけません。誰かがまとめて植えたのか、あるいはヤブカンゾウ自身がこの場所を気に入って繁殖したのか良く分かりませんが、写真でヤブカンゾウだけを切り取って見れば、夏の高山で咲くニッコウキスゲの群落に通ずる風景です。西野神社の山の斜面で咲くヤブカンゾウの群落(イメージ)
 思うに、伊勢崎辺りでも、どこか伸び伸びとした空き地や公園でヤブカンゾウを育てれば、「ヤブカンゾウの里」などと称して、ちょっとした名所になりそうな気がします。峰岸山の西側斜面や西野神社の東側斜面などをヤブカンゾウのオレンジ色が埋め尽くし、北方に赤城山を控えた風景は、きっと夏の高原風景のようになると思います。

 ・・・なんて、それぞれ個人所有の土地でしょうから、無責任なことを言ってしまいましたが、夢想するのは自由と言うことでご容赦ください。夢想ついでに西野神社の山の写真にヤブカンゾウの群落を植えてみました。あくまで写真の加工ですので、悪しからず。そもそも桜と梅も咲いてますから、ご愛嬌です。(2013/7/9 記)

五料橋上流右岸の土手で咲くヤブカンゾウの群生 2013/7/6

五料橋上流右岸の土手で咲くヤブカンゾウの群生。
雑草と一緒に咲く自然さがいい感じです。
2013/7/6

五料橋上流右岸の土手で咲くヤブカンゾウ 2013/7/6
こちらは五料橋上流左岸の「伊勢崎市清掃リサイクルセンター21」西方の空き地

ヤブカンゾウは、近くで見ると、縮れたような花弁が
クシャクシャっと固まっていることが多いのですが、
このヤブカンゾウはずいぶんと整った形をしてました。
2013/7/6

2013/7/6


2013/7/6

掲載日:2012/7/18 ▲ページTopへ
2012年、我が家の庭で咲いたヤブカンゾウ 毎年、梅雨が明ける頃になると気になるヤブカンゾウ。街中を車で走っているとほとんど見かけませんが、この時期、河川の堤防や水田の畦道にオレンジ色の鮮やかな花を咲かせるヤブカンゾウ。たまには、個人宅の庭で咲いている風景も見かけますが、伊勢崎周辺でもまだまだ戸外のあちこちで野生しています。
 今年はいつもの粕川沿いと赤堀方面を中心に探してみました。一口にヤブカンゾウと言っても、八重や一重など、花弁の数、また形や色等が微妙に異なります。・・・などと分かった風な事を言ってしまいましたが、そもそも私が最初にヤブカンゾウを紹介した時には「ノカンゾウ」として紹介してしまい、いつものように公園緑地課のKさんに「あれはヤブカンゾウです」と指摘され、それまで、何でもかんでもノカンゾウと思っていたそれまでの知識を修正した次第です。

 話のついでに、この「ノカンゾウ」、Kさんが自宅で大切に栽培して増やした株を2年前にいただき、3年目になる今年はまた二回りくらい大きくなって、ちょうど今、我が家で立派に咲いています。咲き終える前にまた紹介しますが、昨年はこんな感じでした。
 皆さん、この違い分かりますか?分っからねぇだろうなぁ〜。・・・って、「自分だって知らなかったくせに、何エラそうに言ってんの!」って突っ込まれそうなので、自慢話はこの辺で。
 2012年、伊勢崎で探したヤブカンゾウ、たくさん撮って来ましたので、どうぞご覧ください。(2012/7/18 記)

粕川の堤防

粕川の堤防ではサイクリングロード脇や堤防下の水際で見かけます。
多くは水際で咲いています。重力の法則に則って少しずつ根が下へ下へと移動するのでしょうか。

八重咲きのヤブカンゾウ。水滴がいい感じです。
華蔵寺公園の東側付近 2012/7/8


境保泉付近 2012/7/8

華蔵寺公園の東側付近 2012/7/8

境保泉付近 2012/7/8

蛇行する川の風情と自然な感じがお気に入りの風景です。
日之出町付近 2012/7/8
水田の畦道(伊勢崎市北千木町)

この場所は工場に隠れて見えない場所で、付近の農業者や釣り人以外を見かけたことはありません。
私のサイクリングコースです。

水田脇で野生するヤブカンゾウ
後方は粕川の右岸堤防 2012/7/8

後ろの野草の葉っぱも形がいい。 2012/7/8

これは一重のようです。
同じ形の3つの花弁が2セット。 2012/7/8

きれいに整った美人のヤブカンゾウ 2012/7/8


こちらも美人のヤブカンゾウ 2012/7/8

赤堀地区

 旧赤堀町北西に位置する野町や赤堀今井町、西野町、磯町付近の用水脇や水田脇には、至る所にヤブカンゾウが咲いています。秋には同じような場所に彼岸花も咲き、自然のお花畑のようで、目を楽しませてくれます。一帯が碁盤の目のように耕地整理されているので、その事業の時に根っこを皆さんが移植したのでしょうか。

鏑木川の堤防斜面で咲くヤブカンゾウ
(伊勢崎市野町) 2012/7/16

西野神社西側の県道脇の空き地に群生するヤブカンゾウ
(伊勢崎市西野町) 2012/7/16

鏑木川の堤防斜面で咲くヤブカンゾウ
(伊勢崎市野町) 2012/7/16


赤堀花しょうぶ園の北側で群生するヤブカンゾウ
(伊勢崎市下触町) 2012/7/16

掲載日:2011/7/12 ▲ページTopへ
 2011年のヤブカンゾウ粕川橋の下流側よりも上流側に多目に咲いていました。まだ蕾がたくさん残っていたので向こう1週間くらいは楽しめるでしょうか。堤防上からのズームで撮ってみましたが、花の写真を撮る度に「マクロが欲しい、マクロが欲しい」と心のどこかが駄々をこねます。(2011/7/12 記)

粕川の堤防で咲くヤブカンゾウ(境保泉) 2011/7/10

粕川の堤防で咲くヤブカンゾウ(境保泉) 2011/7/10
 毎年、梅雨の中頃から伊勢崎市内のサイクリングロードを走っていると、道路脇や堤防の斜面で咲くオレンジ色の花に出合います。遠目にはニッコウキスゲやユリのようです。花の名前はヤブカンゾウ。実は、我が家の庭でも咲いています。
 尾瀬や野反湖(のぞりこ)、三国山や長野県の車山高原で群生して咲くニッコウキスゲも見事ですが、訪れる人の少ない地元の河川の堤防でひっそりと咲くヤブカンゾウも、ちょっとホッとする心休まる風景です。
 今日紹介するのは、境保泉境上武士(かみたけし)の粕川のサイクリングロード脇で咲いていたヤブカンゾウ。一株、二株、あるいは数株ずつの単位で咲いていて、群生しているほどの場所はありませんが、「お、あそこにも咲いている、ここにも咲いている!」と、小単位で咲いている風景がまたサイクリングの楽しみを倍加してくれます。(2010/7/9 記)

 分類で目科属を調べてみると、ユリ、ワスレグサ、キスゲ、ヘメロカリス、ニッコウキスゲ、ゼンテイカ、ユウスゲ、トウカンゾウ、ヤブカンゾウ、ノカンゾウ、ハマカンゾウなどがどれも関連していて、学術的に覚えようとするとちょっと頭が痛くなります。今回は、「どれもみんな親戚だ」と言う程度で良しとしましょう。

境上武士の粕川の堤防で咲くヤブカンゾウ 2010/7/4

境上武士の粕川の川岸で咲くヤブカンゾウ 2010/7/4

境保泉の粕川のサイクリングロード脇で咲くヤブカンゾウ
2010/7/4


境上武士の粕川の堤防で開花を待つヤブカンゾウ
2010/7/4
こちらは花弁が一重で6片ですがこれもヤブカンゾウです。前橋市下増田町の路傍で咲いていました。

前橋市下増田町の路傍で 2010/7/10

前橋市下増田町の路傍で 2010/7/10


ドクゼリ

▲ページTopへ
 2010年の猛暑の記憶がまだ新しく、思い出すだけでも夏バテしそうなのに、2011年の今年は昨年よりも更に暑い夏とのこと。しかも今年は原発事故の影響で全国民に節電が呼びかけられています。よりによって、こんな年が猛暑にならなくても。冷夏が続き、海の家や山の観光地がお客の激減を嘆いていた年が懐かしい。
 ・・・なんて愚痴もこぼしてしまう今年の夏。予想通りに毎日猛暑が続き、伊勢崎や館林、前橋の気温が早くもテレビのニュースを賑わせています。この時期、休日のサイクリングも足が重くなりますが、家の中にじっとしていても涼しくなる訳ではないので、紫外線の強い日中を避けながら、チョボチョボと続けています。
 2011年7月10日、JR両毛線・伊勢崎駅周辺の高架橋下の側道工事現場を西端部から東端部まで見学した後、粕川サイクリングロード沿いに「御岳山・自然の森公園」まで下って来ると、境保泉粕川橋の上流付近で、何やら河川敷に背丈の高い真っ白な花が咲いていました。夏山登山の楽しみの一つがお花畑探しでしたが、その時の喜びにも匹敵するようなこの発見。多分、人々には嫌われている雑草だとは思いますが、結構な広さで河川敷を埋めていて爽やかでした。河川敷へ降りる道もなかったので堤防上から眺めていましたが、それにしてもこの花、過去に何十回となく通っているのに何で今まで気が付かなかったのでしょう。(2011/7/12 記)

粕川の河川敷を埋める白い花(境保泉)
川の流れとの調和もまた涼しそうです。 2011/7/10


白いレースのようです 2011/7/10

粕川左岸堤防で咲くドクゼリ(下植木町) 2011/7/23

近くへ寄れれば良かったのですが、
この時期、道なき道を掻き分けて河川敷へ降りて、
ウッカリと蛇にでも遭遇してしまっても困るので。
取り敢えずズームで撮りました。
2011/7/10

【困った時のKさん頼み】
 この花、伊勢崎市公園緑地課のKさんに教えてもらうと、何と、「ドクゼリ」。
 ドクゼリは、トリカブト、ドクウツギと並ぶ日本三大毒草にも数えられていて、毒性が強く、皮膚からも吸収される性質を持っているので、枝を折って皮膚などに付着したら危険とのこと。芽が出た頃にはセリと酷似しているので誤食事故も多いそうです。
 白いレースで編んだテーブルクロスのようで、爽やかで可憐な花ですが、毒性が強いと聞くと、遠目に眺めるだけの方がいいようです。
 夏山登山で、トリカブトなどを見つけると、皆で「お〜、きれいだなぁ〜!」と騒ぐように愛でますが、綺麗な花にも毒があること、要注意です。(2011/7/15 記)

ドクゼリ(別名:オオゼリ)、学名:Cicuta virosa L.
英名:water-hemlock、cowbane
分類:セリ目(Apiales)、セリ科(Umbelliferae)、ドクゼリ属(Cicuta)


ナンキンハゼ

▲ページTopへ
 そして最後に紹介するのは「御岳山・自然の森公園」の園内の木に咲く黄色い花。ホタルの小川の近くです。木の下にテーブルとベンチがあるので、いつも休憩して喉を潤す場所です。この時期の休日には何度も足を運んでいるので、過去にも見ていたのでしょうが、意識したのは初めてのことです。大ぶりの枝を大きな瓶などにブッ込んで玄関脇などに置けば、きっと涼しそうで上品な風情を示してくれることでしょう。(2011/7/12 記)

 これまた、Kさんに教えていただいたのですが、「ナンキンハゼ」とのこと。ナンキンハゼと言えば、伊勢崎市の茂呂・西友楽市前の354BPの街路樹として植えられていて、秋の紅葉が綺麗なので何回か写真を撮ったことがありますが、夏にこんなに可愛い花を咲かせる事は知りませんでした。
 Kさんに「葉っぱをよ〜く見てください」と逆に問われて、「そう言えば、どこかで見た記憶が?」と思いながらも正解を出せませんでした。まだまだ修業不足なり。(2011/7/15 記)


ナンキンハゼ Sapium sebiferum(トウダイグサ科 シラキ属)

濃い黄色とスベスベとした肌の緑とのコントラストがいい。
2011/7/10


花も綺麗ですが、葉っぱの形もスッキリと爽やかです。
草と木の差はありますが、ちょっとトラノオに似ています。
ナンキンハゼの花
2011/7/10

空を覆う緑と、トラノオに似た黄色の花・ナンキンハゼ
2011/7/10
冬にはこのような実を付けます。大きさの異なる実を
付ける木が2本隣り合って立っていますが、小さい実が
付いているほうです。この実の中には白い粉があり、
その昔はロウとして使用されたとのことです。

冬のナンキンハゼ(小さい実を付けている方) 2008/12/8



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ