管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2018年10月20日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、爽やかです。日中最高気温は22度前後。月曜日までは晴天が続くよう。
 今日は「燈華会」初日。午前中は「いせさき軽トラ朝市」。明日は「燈華会」2日目や「市民交流まつり」、「小泉コスモスまつり」、「あかぼり小菊の里まつり」が開催されます。絶好の行楽日和に恵まれ、それぞれ大いに賑わうことでしょう。

2018年10月19日 ▲ページTopへ
 今日は天気予報では晴れとなっていますが、暑い雲に覆われて、雨さえ降って来そうな気配です。日中最高気温は20度前後。
 数日前からDIYを再開しました。首・肩・腕・手首の痛みでこの7ヶ月間余りは作業ができず、作業途中の品々が庭に放置したままだったので、ずっと気にしていました。痛みがひどかった頃は、電動ドリルを一回回すだけでも手首から肩へ激痛が走り、その後暫くは「お〜〜、いててて〜〜!!」と身動きできずにいました。
 話が逸れますが、7ヶ月間力仕事をしなかったので、手や腕の筋肉が落ちて一回り細くなりました。元々筋肉と言うよりぜい肉でしたが、二の腕などはスッキリしたと言うよりプルンプランと弛んでいます。簡単なねじり運動で弛みは消えるようなので頑張りましょう。
 DIYを紹介すると、友人らから「作って」とか「売れば儲かるよ」、中には「教室開いて」などとお世辞を言う人もいますが、ド素人なのでそんな大それたことはできません。ただ、今年の春、ホームセンターで会った知人が、「『Go!伊勢崎』で載せていたDIYを自分でも作ってみたよ。図面も載っていたのでその通りにしたらできた」と嬉しい反応があって、いい気分になりました。
 痛みの期間に書き溜めした図面は9枚。大作はエアコン室外機のカバーを兼ねた小屋型鉢置き場。ディズニー漫画をイメージして可愛いのを作ろうと思っています。はてさて完成なるか。

2018年10月18日 ▲ページTopへ
 今日は曇り後晴れ、日中最高気温は21度前後。
 10月も中旬を過ぎましたが、我が家の庭木はまだ紅葉が始まっていません。庭で大きく育ったハゼとモクレンを、今年の落葉後には大胆に剪定する予定です。
 夏には木陰をつくり、秋には真っ赤な紅葉を見せ、冬には枝だけになって太陽光を遮るでもないハゼ。モクレンも同様で、春先には真っ白な花をたくさん咲かせ、夏には木陰をつくって庭を涼しくしてくれ、落ち葉は腐葉土の材料になり、これまた大切な木ですが、このまま伸び放題にしておくと今後の剪定が大変になるので、今年バッサリと剪定することを決めた次第です。
 モクレンは過去何回か大胆に剪定し、それでも元気にしているのですが、ハゼをバッサリ剪定するのは今回が初めて。ひょっとすると枯らしてしまうかも知れないので、真っ赤に紅葉したハゼを見るのは今年が見納めかも知れません。それはそれでOKとしましょう。人間の終活が必要ならば、庭木も終活が必要です。

2018年10月17日 ▲ページTopへ
 今朝6時の発表では曇りの予報が出ていますが、晴れ間が見えています。日中最高気温は21度前後。涼しくて布団の中が気持ちいいです。
 朝ドラ「まんぷく」。ここ数日、少し気分が乗って来ました。結核で死んだ長女、結婚を頑固に反対する母親、憲兵に連れ去られた恋人、牢名主のような男、友人か敵か分からない男二人、静かに絵を描き続ける二女の夫、そして戦時色が強まる時代背景。
 やっぱりドラマには逆境や苦難、悪役が必須なようです。このドラマ、「笑い」は似合わないのかも知れませんが、朝から深刻過ぎるシーンの連続もキツイです。「あまちゃん」や「半分青い」のような軽妙な笑い、ユーモア、ギャグ的シーンも時々は欲しいものですが、主題が違うかな?なんて言いながら結局最後まで観続ける気がします。

2018年10月16日 ▲ページTopへ
 今日は曇り後晴れ、日中最高気温は23度前後。
 庭にレモンバームやチェリーミント、オーデコロンミント、ローズマリー、タイム等を植えています。庭いじりをする時、これらのハーブに触れると周囲に爽やかないい香りが漂うので、庭の芳香剤のような存在です。ローズマリーを除くと冬には姿を消してしまいますが、根が生きているようで、翌年にはまた出てきます。かれこれ数十年こんな調子で生き続けています。
 ハーブを植え始めた頃は神経質な植物かと思いましたが、これが結構逞しくて雑草同様な力強さです。枝をチョン切って水に漬けて置くだけでも根が生えて来て、土に植えるなどすればどんどん増えます。花屋では小さな苗でも100円〜200円しますが、庭に地植えすれば要らない程増えて、時々はバッサリと剪定しないと他の草花を覆うほどにはびこってしまいます。それを嫌ってハーブは植えないと言う友人もいます。
 増やしたいのに数年で消えたのはレモングラス。冬越しが難しいことは知っていたのですが、ちょうどススキのように伸びるので、冬の間だけとは言え家の中に入れる場所がなく、屋根付きのベランダで冬越しさせたところ数年で消えました。乾燥させた葉っぱをお茶で飲むと旨かったので気に入っていたので残念でした。お茶と言えば、レモンバームの緑の葉っぱを入れただけのお茶もまぁまぁ旨いです。癖があるので好みは分かれると思いますが。
 我が家の庭では地味でなかなか主役になれないハーブたち。今朝は薄暗いうちに起床し、庭を一回りしてハーブの床屋さんをしてあげ、朝からいい気分に浸りました。

2018年10月15日 ▲ページTopへ
 今日は曇り、日中最高気温は21度前後。「燈華会」(20、21日)や「市民交流まつり」(21日)、「小泉コスモスまつり」(21日)、「あかぼり小菊の里まつり」(21日)など、市内のイベント盛りだくさんの今週末は晴れるようで一安心。
 30数年前、三国峠からの帰路、猿ヶ京へ下る山中の道路脇でキノコを販売していて、マイタケやナメコを購入しました。店主の親父さんとお喋りを交わすと、これらのキノコはこの山中で収穫して来たそう。「これから採りに行くからついて来るかい?」 時間の余裕があったので、「ぜひお願いします」
 ところが、道路脇の斜面を登り、山中に入って10分もしない内にはぐれてしまいました。そもそも獣道さえない山の斜面です。たくさんの樹木が茂っていて、親父さんの姿は既に全く見えません。「え〜〜、早過ぎるよ〜!ついて行けないよ〜」
 これ以上ついて行ったら迷子になってしまうと思い、キノコ狩りを諦めて戻りましたが、あの親父さん、何だったのでしょう。キノコ狩りや渓流釣り、山菜採りなど、その道のベテランは穴場を教えたがらないようなので、そもそも場所を教えるつもりもなく、どうせついて来れないと思ったのでしょうか。
 過去40年あまり尾根歩きを中心に登山を楽しみましたが、クマザサや下草が茂る登山道のない斜面は、巨岩が続く鎖場よりも危険であることを体験しています。尖った小枝や株、穴ぼこ、滑り易いぶ厚い腐葉土の層、これらが笹や下草に隠れて良く見えず、転倒や滑落の危険があります。臆病なようでも登山道だけを歩いた方が安心です。ところが、キノコ狩りや山菜採りは登山道を歩いていては仕事になりません。尾根歩きを楽しんだ私は、そう言った人たちにはいつも感心し同時に不安を感じていました。
 昨日14日、長野県でキノコ狩りに出かけた70歳代男性二人が遺体で発見されました。長野県ではキノコ狩りに出かけて死亡した人が、今秋既に13人とのこと。山梨県でもこの9月に3人が死亡しています。キノコ狩りは難易度の高い登山をするような心構えで出かけるべきと思いますが、軽登山やハイキングの延長程度に考えられている傾向があります。ハイキング感覚で到達できる安全な場所には、目指すキノコはないと思った方がいいようです。本格的なキノコ狩りは、その道のプロに同行を頼むなどした方がいいようです。



Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ