管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2020年5月31日 ▲ページTopへ
 今日は曇り、日中最高気温は24度前後、日中最大風速は3m/s。今日は晴れの予想でしたが・・・。残念と言いますか、涼しくて良かったと言うべきか。どっち?
 今回のコロナ事件のような非常事態が起きると、その時に取る言動でその人の本質的気質が見えてくることがあります。
 パチンコ店閉鎖に関して、「パチンコは生活の一部になっているから休業は困る。」
 マスク未着用の人が、「息が苦しいし面倒臭いからマスクなんかしない。」
 空いているスポーツジムや日帰り温泉利用者が、「空いていて独り占めできていいよ。」
 別の社会問題ですが同じ着眼点で、愛煙家が「私は喫煙が肺がんリスクが高いと言われても気にしない。禁煙するストレスの方が身体によくないから。」
 これらの言動の本人の立ち位置は「自分」です。コロナ自粛も禁煙運動も本人のためだけでなく「社会」のための理由が大きいので、これらの言動は「社会=周りの人々」に対する気遣いが欠けているために生じます。
 「自分が『自分』の立ち位置で何が悪い?」と反論されれば明解な言葉は用意できませんが、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉「和を以て貴しとなす」我が日本においては、多くの人が社会を気遣います。「だから日本人は自主性が育たないんだ!」などと突っ込まれそうですが、今回のコロナ感染対策に対する日本人の取り組みが世界を感心させているのは、自分と他人への思いを同時に持てる結果なのかと思っています。

2020年5月30日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は29度前後、日中最大風速は4m/s。今日で4日連続の晴れ、明日の日曜日も晴れのよう。
 群馬県ウェブによれば、群馬県では本日30日から新型コロナウイルスの警戒レベルを3から2に引き下げました。各レベルの内容は数値基準と総合的な状況判断とがあり、数値基準には新規感染者数、経路不明の感染者数、PCR検査の陽性率、病床稼働率とあり、総合的な状況には感染状況と医療提供体制とによる判断があります。いずれも暗記するには多過ぎる内容ですが、レベル2の概要は■感染リスクの高い場所を除く外出OK。■5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の往来は控える。■高齢者や基礎疾患のある人は、生活に必要な場合を除く外出を控える。■イベントは50人以下、参加者数を会場収容定員の半分以下ならばOK。・・・等です。
 そして、「新しい生活様式」として、「人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗い」等の対策を継続し、政府が示す「人との接触を8割減らす」方針も守るよう要請しています。
 一方、北九州市では昨日も特別養護老人ホームでの集団感染を含む26人の感染者を確認し、休業要請や自粛を延長するとのこと。高齢者施設の集団感染と聞くと、我が伊勢崎市も他人事ではありません。今回、群馬県内の感染者149人(5月22日時点)の内、伊勢崎市内の老人ホームでの集団感染者が68人でした。警戒レベルが下がったとは言え、油断は禁物です。

2020年5月29日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は29度前後、日中最大風速は2m/s。今日で3日連続の晴れ、夏のような気温ながら湿度が低いので爽やかです。梅雨入り前の贅沢な日々です。
 先日25日、新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言を全国で解除しました。それから間もない昨日28日、北九州市の2つの医療機関で集団感染が発生しました。お隣韓国では感染者が再び増加傾向を示し、今日からソウルを含む首都圏で外出自粛を要請するよう。
 手強い新型コロナウイルス。「もう大丈夫」と安心した気持ちにグサリと釘を刺して来ました。
 「なにくそ、負けるもんか!」
 そのためにはもう少しの辛抱が必要なようです。課題は新しい「日常」での経済の安定。ソーシャルディスタンスを確保した職場や店舗、マスク着用のニューファッション、IT利用の間接交流、慣れてしまえばそれが「日常」。早く慣れることが肝要です。

2020年5月28日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は28度前後、日中最大風速は3m/s。昨日に続いて今日も晴れですが、昨日より湿度が低く爽やかな日になりそう。
 庭の3ヶ所で咲くシランがそろそろ咲き終えます。最初に植えたのがいつ頃か覚えていませんが、年々増え続け、今では群生状態です。株ごと切り分けて友人にあげたり、廃棄したりして、増殖を調整しています。
 実は咲き終えたシランの茎は、一本ずつ茎の生え際から丁寧に切り落としています。花が落ちた茎がピョンピョンと残っているのが無粋なためもありますが、毎日数本ずつ切り落とす作業を通じて、月日の経過を実感したいのが大きな理由です。
 すべての茎を切り終える頃に毎年思うのが、「また一年が経ち、また一歳歳をとった」と言うこと。毎年同じことの繰り返しですが、一年にたった一度の決まりごと。高齢世代になると、あと何回同じことを経験できるだろうかと、茎を切り取る作業もより一層丁寧になります。

2020年5月27日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は30度前後、日中最大風速は3m/s。久々の晴れです。土曜日頃まで晴天が続くよう。
 群馬県ウェブによれば、一昨日25日、羽田空港に到着し検疫所でPCR検査を受けた20代男性が、群馬県内滞在先へ移動後に東京検疫所から陽性の連絡があり、県内医療機関に入院したとのこと。症状は無症状とのこと。
 群馬県内警戒レベルを3に下げて警戒を継続しても、県外、国外からの移動者が感染していた場合、その経路を封じることは難しいことです。今回の場合、PCR検査の結果がその場ですぐに分かれば県内への移動は防げましたが、現時点でのPCR検査はそこまで研究が進んでいないよう。
 怖いのは今回の感染者が無症状だったこと。サイレント肺炎の心配もありますが、新コロは無症状の感染者がどれくらいの比率でいるのでしょう。もしPCR検査を受けない無症状感染者が自由に周囲と接触すると想像すると、感染不安は消えません。
 世界的にはまだ増加傾向の国もあり、NHKウェブによれば、世界全体の感染者数は554万3439人、死亡者は34万7836人とのこと。経済の停滞を防ぐため警戒解除する国や地域が増えていますが、自国だけの対策だけでは防げない感染。まだまだ予断を許しません。

2020年5月26日 ▲ページTopへ
 今日の日中は曇り、夜のはじめ頃から弱雨、日中最高気温は26度前後、日中最大風速は3m/s。
 今日は朝8時から聖苑駐車場と誘導路の清掃。今日は新旧区長さん交代の初日。私は2期目ですが新区長さん二人が加わりました。今日は枯葉の量は少なく、一時間余りで終了しました。「この時期、枯葉はないだろう?!」と疑問の方へ。聖苑にはクスノキがたくさん植えられていますが、実はクスノキは若葉が次々と入れ替わり、秋の落葉と負けず劣らずの葉っぱが落ちます。
 午後は区内のサクラ調査。正確に伝えますと、「特定外来生物クビアカツヤカミキリに係わる被害対象木の植栽状況調査」です。クビアカツヤカミキリは館林市や太田市等の群馬県・東毛地区で確認され、サクラを中心に被害が発生しているとのこと。我が伊勢崎市内で被害を発生させないため、まず現状調査です。
 我が区はサクラとツツジの名所の華蔵寺公園の北に隣接していますが、サクラはそれほど多くありません。ほかの対象木(ウメ、モモ、スモモ、ハナモモ)の場合には、調査条件が「10本以上密集している土地」とのことなので、こちらは恐らくありません。
 クビアカツヤカミキリに限らず、カミキリムシの類は庭木なども食い荒らし、根元にオガクズや糞(フラス)が溜まっている場合には「時、既に遅し」の場合もあるよう。オープンガーデンのお宅でも、庭のシンボルツリーや主役級のバラが被害を受けた等の話も聞くことがあります。成虫を見つけた場合は踏みつぶす等の処理を行えば済みますが、彼らは「ブ〜〜ン」と自由に飛び回るので始末に負えません。幼虫や蛹(さなぎ)状態での駆除が効果的で、この状態で幹の中で2年間くらい過ごすよう。今回の調査はその対策の準備作業です。





Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ