Go!伊勢崎 大手町パティオ [ 駅周辺開発・Index ]  [ Home ]



 大手町パティオ 

伊勢崎駅周辺第一土地区画整理(7号公園・17街区広場)

パティオ(patio):(スペイン風の家の)中庭、(スペイン風の家の)テラス。
掲示板→[ 駅周辺開発を語ろう ]

Opening Event / 3.24(Sat) 10:00〜14:00

掲載日:2018/3/25
 昨日3月24日、完成間もない大手町パティオで、オープニングイベントが開催されました。朝から風もなく暖かく穏やかな好天に恵まれ、関係者や地元の皆さん、一般参加者で賑わいました。大手町パティオは「伊勢崎駅南」交差点の南方80mの位置、伊勢崎駅周辺第一土地区画整理事業の一環として築造されました。広場全体と通路がインターロッキング舗装されています。
 広場東辺には既に3店舗がオープンし、広場西辺では古民家の改修工事が進行中です。また、広場北辺の街区は現在は街区整備を終えて空き地になっていますが、商店が出店するに相応しい立地を感じさせます。地元の活性化だけでなく、遠方から訪れたまち歩きのお客さんたちの拠点として、大いに期待したいところです。伊勢崎駅周辺の区画整理事業も終盤を迎え、新たな第一歩を感じさせる大手町パティオの完成です。(2018/3/25 記)

オープニングセレモニー

 大手町パティオ・オープニングイベントのはじまりはセレモニーから。
 五十嵐伊勢崎市長、田島伊勢崎市議会議長、小林大手町一区区長の皆さんがご挨拶。その後、来賓の皆さんが紹介されました。 

ご挨拶する五十嵐伊勢崎市長

ご挨拶する小林大手町一区区長

ご挨拶する田島伊勢崎市議会議長

来賓の皆さん

セレモニー風景

掲載日:2018/3/25 ▲ページTopへ

記念植樹、記念植栽

 オープニングセレモニーの次は記念植樹、記念植栽が行われました。記念植樹は五十嵐市長ほかの皆さんによって、パティオ西側入口脇にオリーブが植えられました。
 記念植栽は、パティオ西側入口から続く花壇に来賓ほかの皆さんによって、白やピンクの草花が植えられました。

オリーブを記念植樹

記念植栽

記念植栽

掲載日:2018/3/25 ▲ページTopへ
 パティオの北辺に沿ってブースが並び、花苗の無料配布(先着100名)や物販が行われました。
 物販は地元「いせさき一番街協同組合」の各店舗。矢代肉店はハムカツやコロッケ販売、親玉商店は「くわまるまんじゅう」を販売しました。
 地元の美原診療所では血圧測定や健康チェック、NPO法人えがでは手作り小物の販売などで参加協力しました。
 「グリーンタッチいせさき」ではワンコイン(500円)寄せ植え教室を開き、「いせさき街並み研究会」ではペーパークラフト講座を開き、この日のために結成した「アンサンブルパティオ」がオカリナ演奏を披露しました。 

花苗(しゃくやく)の無料配布

いせさき一番街協同組合」の物販

 「グリーンタッチいせさき」のワンコイン寄せ植え教室

いせさき一番街協同組合」の物販

親玉商店の「くわまるまんじゅう」

NPO法人えがの手作り小物販売

出展ブース並び

出展ブース並び

掲載日:2018/3/25 ▲ページTopへ

3人のマスコットキャラクターが登場。左から「ぐんまちゃん」、「もじゃろー」、「くわまる」

「アンサンブルパティオ」のオカリナ演奏

改修が進む広場西辺に建つ古民家

掲載日:2018/3/2 ▲ページTopへ

掲載日:2018/3/13 ▲ページTopへ

2018年3月11日

 3月24日(土)のオープニングイベントを2週間後に控えたパティオ建設現場。外野席ながら気がかりだったので訪れてみると、広場ではインターロッキング舗装工事が進み、西側入り口では車止めポールの設置を終え、石畳工事が進んでいました。広場のインターロッキング舗装工事は、目視確認では7〜8割完了した様子。訪れた11日は日曜日でしたが、鋭意工事中でした。西側の「一番街通り」脇にいた工事の人に「忙しいですね」と声をかけると、別発注の歩道下の電線共同溝工事関係の方でした。年度末にあたり、皆さん、休日返上で忙しそうです。ご苦労さまです。(2018/3/13 記)

工事ヶ所(上図印位置)

工事看板 2018/2/22

車止め布設を終えて、石畳布設が進むパティへオの西側入口 2018/3/11

インターロッキング舗装工事が進むパティオ(東側入口から) 2018/3/11

掲載日:2018/2/27 ▲ページTopへ

2018年2月22日

 古民家の最終的な曳家移転が気がかりだった当パティオ建設現場。駅周辺へ出かける度に確認していましたが、工期の1月31日を過ぎても曳家移転が行われず、外野席から気を揉んでいたところ、先日2月22日に訪れると、
「あれ?風景が違う?!」
 そうです。大きな古民家が所定位置に曳家移転されて、移動前の場所ではパティオの路盤工事が進んでいました。古民家は建物周囲に足場が組まれてシートで覆われ、次の作業が始まっている様子。
 現場で尋ねると、曳家移転は2月10日頃から4日間ほどで完了したとのこと。曳家移転中の様子も撮りたいと思っていましたが、機会を逃しました。月に2回程度は出かけていましたが、タイミングが悪かったようです。工期は1月31日から48日間延長されて3月20日に変更になっています。(2018/2/27 記)
(→参考)曳家移転ステップ

パティオへの西側入口。中央後方は最終曳家移転を終えて次作業が進行中の古民家。2018/2/22

パティオへの東側入口。広場の路盤工が進行中。この後、インターロッキング舗装工事等。2018/2/22

掲載日:2017/9/26 ▲ページTopへ

2017年9月24日

 前回紹介から一ヶ月も経っていませんが、前回、工期延長が気になっていたので、現地で確認して来ました。 現地工事看板によれば、工期は前回より4ヶ月延長されて、平成30年(2018年)1月31日。工事数量については、土工掘削量とインターロッキング舗装に微小の変更があったようです。
 現地では大きな自然石を利用した花壇築造を完了し、路盤も整備され、排水溝等の布設も進んでいます。気がかりの古民家曳家移転に関しては、初期移転を完了した古民家と新築住宅(元の古民家の位置に新築)の間にあった旧住宅が解体撤去されていたので、この後、最終的な曳家移転が行われることと思います。(→参考)曳家移転ステップ
 パティオ築造工事と古民家曳家移転。隣接地で行われる2つの工事。それぞれの工事車両や建設機械などの出入り、作業スペース確保等、相互の工程調整の難しを考慮すると、パティオ工事の次工程は曳家移転完了後になるでしょうか。(2017/9/26 記)

工事看板 2017/9/24

パティへの西側入口。右後方に最終移築を待つ古民家。
2017/9/24

花壇の石積み完了。排水溝等の布設進行中。
2017/9/24

掲載日:2017/9/26 ▲ページTopへ

(参考)曳家移転ステップ

※現地取材や状況から判断した古民家曳家移転の作業ステップで、正確である保証はしていません。

(1)古民家初期移転

(3)一番街通りの東側側溝布設および住宅新築

(5)古民家最終曳家移転

(2)古民家跡地を整地

(4)元の住宅を解体・撤去・整地

(6)パティオ築造

掲載日:2017/9/3 ▲ページTopへ

2017年8月30日

 「伊勢崎駅南」交差点の南方90mの位置で7号公園(パティオ)の築造が進んでいます。伊勢崎市契約検査課のウェブによれば、当工事は平成28年度分として発注されていましたが(*1)、その後、工期や工事金額等が変更になっています(*2)。工期変更要因の一つには、当公園に隣接する古民家曳家移転工事等が関連しているようです。
 現地に立つ工事看板によれば、工事内容は照明塔6基布設、ベンチ2基布設、側溝布設、インターロッキング舗装(858.5平米)外です。
 8月30日、現地では掘削工や境界のコンクリート壁工事を完了し、2ヶ所の花壇の石積み工事が進行中。使用した石材は、区画整理事業前に伊勢崎駅南西街区で使用されていた石畳を活用したとのこと。自然石の素朴さと風格があり
過去の資材を活用することは素晴らしいことです。この石材、未確認ですが、3年前に当ページで紹介した石畳かも知れません(→こちら)。工事の進捗を見ると、9月29日工期は厳しいようです。数ヶ月の延長になるでしょうか。(2017/9/3 記)
【工事概要】
(*1)平成28年度発注: ※伊勢崎市契約検査課のウェブサイトを参照。
■発注:中心市街地整備事務所市街地整備課
■工事名:駅周辺第一地区17街区広場整備工事
■場所:伊勢崎市大手町地内
■工事会社:(株)井上さん
■工期:平成29年(2017年)3月15日

(*2)変更後: ※現地工事看板を参照。
■工期:平成29年(2017年)9月29日

工事看板 2017/8/30

掘削工や境界のコンクリート壁工事を完了し、花壇の石積みが進むパティオ 2017/8/30

パティへの東側からの入口(区画道路) 2017/8/30
左の建物は「カレーポテトサラダ」で有名な梅田屋さん

花壇の石積み工事 2017/8/30
後方は曳家移転工事(初回)を終えた古民家




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ