Go!伊勢崎 粕川サイクリングロード整備工事 [ サイクリングロード一覧 ] [ Home ]




粕川サイクリングロード 整備工事

粕川グランドゴルフ場〜華蔵寺公園(右岸)

完成後→北端部(粕川グランドゴルフ場)〜五目牛橋上武道路〜間之山橋(南端部)
工事風景→ 粕川グランドゴルフ場〜五目牛橋上武道路〜間之山橋西桂川合流部〜華蔵寺公園脇
粕川サイクリングロード粕川サイクリングロード整備工事・Index
更新日:2020/4/28 掲載日:2020/1/5
 昨年秋ごろから粕川の五目牛町付近を通る度に気になっていた堤防の工事。伊勢崎シティマラソンが行われた12月1日、新しくなったマラソンコースが同町の粕川右岸堤防脇を通り、マラソンの取材で付近をMBで走り、その工事が堤防舗装工事であることを知りました。
 以来、気になっていたので昨年末12月29日、工事区間全長と進捗状況を確認して参りました。工事区間は不連続な3工区に分かれ(右図の赤い太線)、工事延長は1,750mです。(Google Map計測機能で計測すると、実際の延長は1割強長いです)

 完成すると、私のぶらりサイクリングルートが増えそうです。最も期待しているのは、地蔵山古墳の東方から上武道路・下り線ランプ道路の歩道へ直接取り付けるようになること。また、五目牛橋から胴山古墳の東側を通り、粕川グランドゴルフ場へ取り付けるのも嬉しいことです。(話題がローカルで済みません)

 期待ついでの話ですが・・・
 西桂川合流部に人道橋が架かり、間之山橋右岸まで連続すれば更に喜ばしいことです。ただ、橋梁架設となるとなると数千万円はかかり、西桂川合流部と間之山橋間の右岸は窪地になっていて、護岸も未整備です。私がMBで走り回れる間に実現するのは難しいでしょう。(2020/1/5 記)

■工事内容:河川管理用通路舗装工事
■発注機関:群馬県伊勢崎市土木事務所
■工事会社:三光開発工業(株)さん
■工事場所:一級河川 粕川 伊勢崎市五目牛町外地先
■工事延長:1,750m
        粕川グランドゴルフ場南〜華蔵寺公園東
■工事期間:令和1年(2019年)9月6日〜
         令和2年(2020年)2月27日

工事区間(上図赤い太線

工事看板。工区南北端部に掲示してあります。

完成後

掲載日:2020/4/28 ▲ページTopへ
 2019年秋から工事が始まっていた粕川右岸堤防の舗装工事。工期は今年の2月27日。工期から2ヶ月経過した4月27日、南端部の「間之山橋」(あいのやまばし)から北端部の粕川グランドゴルフ場まで走ってみました。
 雲の間から僅かに晴れ間が覗き、風弱く、暖かなサイクリング日和。道路脇には菜の花が咲き、堤防斜面や河川敷の樹木は若葉が芽吹き、粕川は穏やかに流れ、のどかなひと時を楽しむことができました。
 新形コロナウイルス感染予防の外出自粛のせいか、まだ知れ渡っていないのか、沿線に住宅が少ないためか(これが最も可能性が高そうですが)、途中で会ったのはたった一人で、独り占めサイクリングでした。
 なお、南端部は「間之山橋」袂からは取り付けないので、橋から100mほど北方の「八日薬師様」境内前から入るのがいいでしょう。また、途中のトイレ休憩は粕川グランドゴルフ場を利用できます。(2020/4/28 記)

北端部(粕川グランドゴルフ場)〜五目牛橋


粕川グランドゴルフ場の南 2020/4/27

View Spot的位置。後方に赤城山、緩く曲がる粕川、菜の花で埋まる河川敷。2020/4/27


胴山古墳の北東 2020/4/27

胴山古墳・牛石の南東 2020/4/27
→「胴山古墳

「五目牛橋」のすぐ北側 2020/4/27

掲載日:2020/4/28 ▲ページTopへ

上武道路〜間之山橋(南端部)


上武道路の南側 2020/4/27

上武道路の少し南。菜の花で埋まります。 2020/4/27

芽吹き始めた樹木が涼しそう 2020/4/27


「八日薬師様」の少し北。菜の花で縁取られています。 2020/4/27

「二ノ堰」付近。左後方は「八日薬師様」 2020/4/27
→「八日薬師様

工区南端部(間之山橋のすぐ上流) 2020/4/27

工事風景 2019/12/29

粕川グランドゴルフ場〜五目牛橋

▲ページTopへ

上流から下流方向


粕川グランドゴルフ場(工区北端部)から南方。右後方は胴山古墳。 2019/12/29

胴山古墳


下流から上流方向


胴山古墳の北東。舗装を完了。右に粕川、後方に赤城山。 2019/12/29


胴山古墳の東北東位置から堤防上の舗装が始まります。 2019/12/29

胴山古墳(左)の東南東位置で現道にすり付きます。 2019/12/29

胴山古墳(左後方)と五目牛橋の中間
(下流側から上流側) 2019/12/29

胴山古墳と五目牛橋の中間(後方は北関東自動車道)
(上流側から下流側) 2019/12/29

五目牛橋のすぐ上流 2019/12/29


上武道路〜間之山(あいのやま)橋(右岸)

▲ページTopへ

上流から下流方向

上武道路の下流(右岸)


上武道路下り線用ランプ歩道との取り付け部。舗装を完了した模様。 2019/12/29

路盤工を終えて舗装待ち 2019/12/29

下流から上流方向

上武道路の下流(右岸)


上武道路下り線用ランプ(手前)、上武道路(中央)、北関東自動車道(後方) 2019/12/29


中間区間。路盤工を終えて舗装待ち。 2019/12/29

中間区間。舗装まで完了。 2019/12/29

間之山橋のすぐ上流(二ノ堰)の右岸


間之山橋のすぐ上流(二ノ堰)の右岸 2019/12/29
 実は、「間之山区」に生まれた私は、「間之山橋」から「二ノ関」付近が子供の頃の夏の遊び場でした。
 現在のように、子供たちの遊びに大人が付き添う時代ではなく、子供たちだけで粕川の堰の水溜まりをプール代わりに遊んでいました。満足に泳げない小学校低学年の頃、身長を超える深さの堰のコンクリートにしがみついて、恐々と泳いだことは、今思い出しても危険ですが、怪我をしたり溺れた子供たちはいませんでした。
 堰止めの水溜まりの遊びに飽きると、堰の斜面を滑り降りて、堰の下の浅瀬で遊びました。

 現在は河川幅と堤防、堰の全てが改良されていますが、名残は残されていて、この区間の堤防が舗装されることは大いに嬉しく思っています。(2020/1/5 記)

舗装開始地点と間之山橋(後方左)の間は高低差あり。
どのようにすり付けるのでしょう。 2019/12/20

西桂川合流部〜華蔵寺公園脇(右岸)

▲ページTopへ
この区間は華蔵寺公園の東から北東にかけての粕川の右岸で、今回の工事の南端部です。
公園来園者が散策に利用するかも知れません。
西桂川の合流部で行き止まりになっているので、この先は折り返しになります。

舗装を完了。この先は西桂川の合流部。右後方は「間之山橋」。 2019/12/29

今回の工事の南端部。舗装を完了。2019/12/29




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ