管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2018年6月18日 ▲ページTopへ
 今日は曇り時々雨、日中気温は22度前後。
 昨日17日午後3時27分ごろ、群馬県南部を震源とする地震がありました。渋川市で震度5弱、伊勢崎市、前橋市、桐生市は震度4。群馬県を震源とする地震で、震度5弱以上を観測したのは、統計が残る1923年以降で初めてとのこと。気象庁によると、東西の両方向から圧力がかかり、地盤が上下にずれる「逆断層型」地震が前橋市直下で起きたとのこと。
 この時間、私は、我が家の前の工場の駐車場にいて、我が家との境界の草むしりをしていましたが、突然に地盤が「ドスンッ!」と上下に激しく揺れ、道路反対の木造家屋がガタガタと音を立てて揺れました。その揺れに3.11の地震を思い出し、駐車場の真ん中の方に移動しましたが、揺れはすぐに収まりました。過去、地震が少ない群馬県でしたが、安心できません。
 また、今朝7時58分ごろ、大阪で最大震度6弱の強い地震があり、大阪と周辺の鉄道が運転を見合わせ混乱をきたしているようで、朝から関連ニュースが流れ続けています。週明けの通勤時間帯を襲った強い地震。被害状況は今後徐々に分かることでしょう。
 地震大国日本。推定される巨大地震の今後30年の発生確率は、首都直下地震が70%、東海地震が87%、東南海地震が60%、南海地震が50%です。日本に住む以上、地震に対する適切な不安感を持ち、しっかりとした心構えが必要です。

2018年6月17日 ▲ページTopへ
 今日は曇り。午後には一時晴れ間も見えるようです。日中気温は23度前後。涼しい日が続いています。台風6号は沖縄地方に猛烈な風雨をもたらしたようで、雨量は50年に一度だった地域もあったよう。
 芝生の間からいつの間にか自然に生えて来るネジバナ(ねじり草)。ラン科・ネジバナ属の花ですが、その辺で普通に生えて来るのであまり珍重されてはいないようです。我が家も一時庭に芝生を張っていた時に何ヶ所かで生えてきて、ヒョロヒョロっと伸びた茎に、薄ピンクの小さな花がらせん状に咲く姿が可愛くて、鉢に移植を試みましたが、残念ながら根付きませんでした。
 ところが芝生を全てはがしてレンガタイルに張り替えてしまった後、いつの頃からか、寄せ植えした鉢3つの中から生えてきました。直径25cmと35cmの丸い鉢と、25cm×17cmの四角い鉢です。ネジバナは湿っていて日当たりのいい場所を好むようですが、どの鉢も時々水やりを忘れてしまうような鉢で、常に湿っている訳ではありません。以前、移植には失敗していることと、寄せ植えの中でそれなりに収まっているのでそのまま本人に任せていますが、気付いてから5、6年は経過していて、この季節に可愛い花を咲かせます。
 移植が難しいネジバナも、本人が気に入ればそこに根付いて咲き続けること、植物の難しさと面白さです。人間も、好きなこと、好きな場所を探せば咲き続けることができるかも知れません。

2018年6月16日 ▲ページTopへ
 今日は曇ったり小雨が降ったり。日中気温は19度前後。4月上旬の気温とのこと。
 我が家の庭には、夏の日除けをつくるためのモクレンやハゼ、ナツツバキ、シマトネリコ、モチノキなどの樹木と、あれやこれやの草花を植えています。冬季には草花の葉っぱは姿を消し、樹木も大半が落葉樹なので枝だけが残り、きれいサッパリと見通しよくなりますが、梅雨から夏にかけては全ての葉っぱが生い茂り、通路を歩く時に、葉っぱに触れずに通過することは困難になります。それはそれで風情があっていいのですが、雨の日にはズボンの裾やシャツを濡らすので困ったものです。
 そんなことで、毎朝の日課が葉っぱの剪定。はみ出た葉っぱや、形が悪い枝、繁殖力が強過ぎる葉っぱなどを床屋さんのように切り落とします。手根管症候群の痛みと相談しながらなので、太い枝は後回しです。そんなことで過ごす毎朝のひと時ですが、草木や土に触れた後は何とも言えない爽快感に包まれ、これから始まる一日のエネルギをもらった気分になります。

2018年6月15日 ▲ページTopへ
 今日は小雨。日中気温は20度前後。肌寒い日になりそうですが、明日はもっと寒くて17度前後。10度以上の気温差を繰り返すここ数日。体調管理に要注意です。
 腱鞘炎と手根管症候群、50肩、頚肩腕症候群の四重苦の日々を過ごしています。痛みが始まってやや半年が経ちます。2つの専門医にかかり、手と首のレントゲン・MRIを撮り、指導を受けて徐々に快方に向かっていますが、手術や治療を受けてはいないので、痛み止め(ロキソニン)を飲みながらの自主治療です。
 握力動作を控えて、水泳やストレッチ、腕や肩の回転・上げ下げ運動、筋力運動などに勤しむわけですが、判断に困るのが、運動に伴って生じる痛みの加減。「軽い痛みは我慢し、強い痛みは控えて」。軽い痛みを控えて静養すると、そのまま各部位が固まって筋力は低下し、逆に強い痛みを我慢すると、より悪化して逆効果。その中間が望ましいのですが、判断は本人任せ。痛みを絶対的尺度で計測する訳ではないので、強気の人・弱気の人、我慢強い人・ヘタレの人などで、きっと大きく異なるはずです。
 そんなことに悩みながら試行錯誤の日々ですが、友人らや我が家のDIYやコンクリート仕事が中途半端な状態で止まったままなので、早く完治したいものです。

2018年6月14日 ▲ページTopへ
 今日も晴れ。日中気温は27度前後。
 先日、我がカミさんが、「この辺の300年後はどうなっているのかねぇ」と、突然問いかけて来ました。「きっと人口は激減して、県制は道州制に移行し、この辺は比較的人口減少率は低いものの、人口は一部の住宅適地に集まり、郊外の工場や商業施設、住宅、また、未整備住宅地や密集住宅地の建物は大半が廃墟になって、解体する金もないのでそのまま放置され、樹木や雑草が生い茂ってジャングル状態になって、イノシシや熊、鹿、キツネやタヌキ、野生化した犬猫、ペット類が我が物顔で棲み付いて、よく言えば、自然の地球の姿に戻ると思うよ」と、適当な返事をしましたが・・・
 300年後はさておいて、気になったので、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計を確認してみると、2018年3月30日付けデータが公開されていて、今から27年後の2045年までの全国市区町村別推計値を知ることができました。
 それによれば、東京都を除く全ての自治体で人口が減少し、群馬県の2045年の人口は1,552,950人(-420,165人)、伊勢崎市は188,505人(-20,309人)。()内は2015年からの減少数。伊勢崎市は減少はしているものの、群馬県内では、吉岡町、太田市と共に減少率が低い方です。
 その更に一桁倍の300年後の姿。一体どのような姿になっているのだろうかと想像すると、世界各国の姿でさえ変わっているだろうし、ましてや日々の些事にとらわれている自分などは取るに足らない存在。日ごろの自分をリセット/リフレッシュするために、たまには数百年後を想像をするのも悪くはありません。

2018年6月13日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。日中気温は27度前後。
 昨日、史上初の米朝会談が開かれました。両首脳は、共同声明で次の4項目に取り組むことを伝えました。●新たな米朝関係の確立。●朝鮮半島の平和体制の構築。●朝鮮半島の完全な非核化。●戦争捕虜/行方不明兵の遺体回収。
 声明には組み込まれなかったものの、トランプ大統領は安倍首相との約束を守り、拉致被害者のことも伝えました。各項目、特に非核化の検証に至る具体的スケジュールは今後の課題と思いますが、トランプ大統領の発言が自画自賛に終わるのか、世紀の偉業になるのか、今後の歴史が証明します。
 ところで、世紀の一大政治イベントを見ながら、全く別の視点で面白かったことがあります。昨日の会談について、各国関係者がツイッター等で早々とウェブ発信していること。トランプ大統領のツイッター発信は周知のことですが、他の関係者までが同様なことをしています。報道関係者が入れなかった位置での映像も流れました。報道機関の記事ならば、査読や校閲、社の方針など、様々なフィルターを経るでしょうが、それらを待たずして、居合わせた関係者が即座に発信してしまい、この流れを制止する動きはありません。個人発信なので、偏見や誤解もあるでしょうが真実性と即時性を多分に含んでいます。世界が見守り、重要で厳粛であったはずの米朝会談も、ネットメディアが絡んだ時点で、ショーかドラマのように感じてしまいますが、今の時代を象徴していて興味深いことでした。

2018年6月12日 ▲ページTopへ
 今日は晴れたり曇ったり。日中気温は27度前後。
 いよいよ本日午前9時(シンガポール時間。日本時間午前10時)、史上初の米朝首脳会談が行われます。楽観的・悲観的・懐疑的意見が飛び交う中で、昨夜のNHK「ニュースウオッチ9」で、北朝鮮研究の第一人者とされるロシア人が語った意見が気になります。それは、北朝鮮がトランプ大統領用に様々な非核化(と思わせる)対策を弄して、次期大統領が登場するまでを”つなぎ”、結局は核化は中止しないと言うこと。
 アメリカが要求するのは「完全かつ検証可能で不可逆的な放棄(CVID:Complete, Verifiable and Irreversible Denuclearization)。この方針で気になるのは検証可能(Verifiable)です。国交がない他国の核開発の実態。カモフラージュなど巧妙な方法で隠せば検証するのは難しいことです。過去の検証で頻繁に利用されている衛星写真の精度を上げても、いずれ地上部だけの検証しかできません。
 同番組で、過去にも非核化合意会議が行われ、その会議の様子が流れました。結果的にその決定事項は守られず、有体に言えばアメリカが騙されたことになります。同じことの繰り返しにならないように願うばかりですが、両国間の平和確立のためには、もっと基本的な方法が必要なのかも知れません。



▲ページTopへ