管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2017年10月16日 ▲ページTopへ
 今日は一日中弱雨。明日の午後は晴れるようです。
 昨日は「波志江沼環境ふれあい公園」で「市民交流まつり」が開催されました。午前中は小雨、その内本降りになって来ましたが、ナ、何と、会場には大勢の来場者。本降り後もまだ訪れる人がいて驚きました。私は午前11時から午後2時ころまでの3時間、全ブースを訪れ、友人らとお喋りし、ステージを見てクイズに挑戦し、紐通し体験し、会場内を2,3度グルリと回りました。楽しみの万歩計は5,000歩を超えました。足元が芝生なので心地よい疲労に包まれて、いい運動になりました。
 同じく昨日行われた赤堀・峯岸山の「小菊まつり」では、小菊の咲き具合はまだ早かったようです。

2017年10月15日 ▲ページTopへ
 今日はくもり後雨。向こう一週間は、水曜日が少し晴れるものの、ほかの日は曇ったり雨が降ったりとのこと。
 今日は「波志江沼環境ふれあい公園」で「市民交流まつり」が開催されます。各ブースにはテントが張られているので、小雨ならば大丈夫。
 今朝、NHKでマスカット栽培者を紹介していました。実は我が家にもブドウの木が一本あります。苗で植えてから約30年。栽培方法を習得もせず本人任せで育つまま、それなりには美味しく食べていましたが、今年は、10本ほどのブドウを育てている兄に教わって世話をしたところ、過去最高の実りと美味しさ。今までは一房の内、美味しい粒を選んで食べる程度でしたが、今年は一房まるまる美味しくいただきました。手入れのポイントは、適切な時期に不要な枝をバッサリと落とすこと、花芽が付いた後、一枝一房を残し他の房はやっぱりバッサリと切り落とし、一房の中でも、付け根の方に付いた小さな房も切り落とし、粒が多過ぎる房は個数を減らし、房の先に伸びた枝は、一房10葉ほどの葉っぱを残して切り落とし、成長後に出てきた枝や花芽はその都度切り落とし、房には一つ一つ袋をかぶせ・・・等々でした。一言で言うと「枝も房も適切に大胆に切り落とすこと」でした。
 30年目にして始めて食べた立派で美味しい我が家のブドウ。品種名は不明ですが、粒の大きさは2cm程度、色は黄緑で熟すと黄色が濃くなります。一見マスカット風ですが、渋さはなく甘いです。教わりながら手入れしたので、ノウハウはまだ素人。来年もまた兄に教わりながら手入れしたいと思います。写真を撮っておけば良かったのですが、食べることばかりに夢中で忘れてしまいました。

2017年10月14日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。夜には雨が降るようです。向こう一週間は曇ったり雨が降ったり。洗濯物が溜まってしまいます。鹿児島県の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ、1421m)の噴火は、昨夜のニュースで連続的噴火が停止した模様と伝えられましたが、今朝8時23分、再噴火して、噴煙の高さは2300mと今回の連続的噴火で最高とのこと。地球が生きていることを知らされるニュースです。群馬でも浅間山や草津白根山が活動しているので、火山の噴火は他人事ではありません。

2017年10月13日 ▲ページTopへ
 今日は弱い雨が降っています。気温は昨日より10度くらい低いようです。昨日は半袖、今日は長袖でも肌寒いです。先週あたりから少しずつ衣替えを始めました。まだ夏服の出番も残っているでしょうか。春夏秋冬の四季がある日本。最近はもっと変化があって、複雑と言うのか多様性と言うのか、単純ではありません。夏同様に暑い5月、少雨の梅雨と多雨の8月、初冬のような10月、局所的豪雨や豪雪は珍しくない話題。「気候」と「季節」が密接な関係ならば、いつの日にか「春夏秋冬」と言う言葉は死語になるのでしょうか。そうそう、今日は13日の金曜日です。「で?だから?」って?言ってみたかっただけです。

2017年10月12日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。日中は暑くなるようです。明日からは一挙に気温が下がるとのこと。衆院選が公示され、NHKテレビで政見放送が流れています。当伊勢崎市の選挙区では自民、希望、共産から各一名が立候補しています。昨日のこの欄の延長になりますが、立候補者の立候補のモチベーションは何なんでしょう。非常に関心があります。日本のため?国民のため?地元のため?支持者のため?名誉のため?権力を持ちたいため?後援会に背中を押されたため?議員報酬のため?何となく過去の流れで?ほかに候補者がいないので?本人のみ知る心ですが、日本のため、国民のためであって欲しいと期待しています。

2017年10月11日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。人間、どんな行動にも強いモチベーションがあった方が望ましいです。生涯の目標となるようなモチベから、今日一日のモチベまで、広範囲のモチベが欲しいものです。出世したいから、お金を稼いで、家を建て、車を買い、子供の教育費を稼ぎ、旅行に行き、グルメやファッションを楽しみたいから、趣味や研究を追及し、芸術祭や文学賞、スポーツ大会で表彰されたいから・・・などなど。
 多くの人が仕事や趣味の世界でモチベーションとする様々なことですが、ここ十年来、行事やイベント等で多くの人と接して感じたキラリと輝くモチベーションがあります。それは「誰かのため」、「誰か喜んでくれる一人のため」。
 その誰かは隣人だったり、ご近所さんだったり、地域の人だったり、遠くの見知らぬ誰かだったりと様々です。前者に列記したモチベは目標にし易くはありますが、達成したところでその満足は自分個人の範囲内。どんな栄誉も周囲にとっては他人事です。自分以外の誰かのためと考えれば、相手は地球上に74億人います。この無尽蔵の対象を相手に行動すれば、自分の幸福も無尽蔵かも知れません。


▲ページTopへ

2016/1/1(金)


 明けましておめでとうございます。
 昨年中は大変お世話になりました。本年も変わりませず、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 当「Go!伊勢崎」は、昨年9月に開設後10年目に入りました。
 この間、公園や沼、川、古墳、遠方の山々、野の花や緑などの風景を紹介し、産業祭や夏祭り、オープンガーデンなど花のイベント、他の風物詩的なイベントも紹介しました。また鉄道高架化や駅周辺開発、道路工事などの公共事業、伊勢崎銘仙や境島村地区、大型養蚕農家などの歴史的建造物や街並み、商業施設や工業団地、宅地開発などの市内の土地利用の動き、伊勢崎市や近隣で見かける野鳥や鮭など、伊勢崎市に関する様々なことを紹介して来ました。
 10年目に入った今も、伊勢崎市に関してはまだまだ知らないことが多く、飽きることを知りません。


 「来る者拒まず、去る者追わず」、「何でもアリ、何でもOK」、「顔のない都市」などと評されることがある伊勢崎市。時には伊勢崎市民自ら自虐的にそのような発言をします。遠慮なのか謙虚なのか、ひがみなのか、ひょっとして前橋や高崎、桐生など他市に対して事前の布石なのか、あるいは評価通りの実態なのか未だに分かりませんが、県内自治体の多くが人口減少の中、伊勢崎は減り方も微小で増加傾向を示す時もあります(→群馬県市町村別人口推移、→伊勢崎市の人口推移)。
 他自治体からの流入人口や外国人が多いためと思いますが、平坦地が広がり、区画整理や道路整備に積極的で、ショッピングモールや商業施設の進出も多く、日常生活を営むには便利です。

 良く言われることが、伊勢崎市には誇れる文化や歴史が少ないと言うこと。市民がアイデンティティーを確立するには拠り所とする歴史が必要との議論を耳にすることがあり、その妥当性については答えを持っていませんが、少なくとも伊勢崎市の人口減少を食い止める現役世代の若い人達に取っては、日常の住み易さ、便利さが重要のようです。そのことの裏付けとして、当「Go!伊勢崎」で紹介する記事の内、アクセスが圧倒的に多いのは駅周辺開発や商業施設の情報で、歴史的なことや伝統的なこと、景観や風景的な記事はコツコツと書き続けている割にはアクセス数は少な目です。
 歴史や伝統への関心度が高い年配者がウェブ活用に消極的なこともその原因のようですが、誰をも拒まない姿勢、何でも受け入れる姿勢、2番目や3番目に甘んじる姿勢、スクラップ&ビルドの街づくり、悪く言えば節操がない気質と言えますが、良く言えば多国民族国家アメリカのような自由さ、市民力がある都市、これが実は伊勢崎市のアイデンティティーなのだろうと考えるに至っています。


 まだまだ続く伊勢崎市のアイデンティティー探し、10回目の新年を迎えるに当たり、今年もその旅を続けるべくあちらこちらに神出鬼没します。皆さまにはどこかで会ったなら声掛けしてください。また閲覧や掲示板への記事投稿、情報提供もどうぞよろしくお願い申し上げます。


▲ページTopへ